豆腐作りの最終系:ひのきの豆腐作り器デビュー

ブラジルの日本食

10月に日本に行った時に、ひのきの豆腐作り器というものを日本で購入してきました。最初は道具も何もないところから始めた豆腐作りですが、かなり道具も揃ってきました。

ブラジル製・手造り豆腐の奮闘記

豆腐キットの中身:豆腐木型1組、こし布1枚、仕上げ布1枚、天然にがり24丁分1袋
DSCN7505

ブラジルで買った「Kit de tofu Midzu」の2倍ほどの大きさ
実際に使ってみると、「Kid de tofu Midzu(右の白い型)」よりもこちらのサイズの方が断然使いやすいです。
DSCN7506

サイズが大きいのでにがりで固めた豆腐をガンガン入れられます。
DSCN7507

重しには瓶などを置いています。
DSCN7508

固めた後に木枠を外した状態。
こちらの木枠は、底が木枠と一体型になっていないので、豆腐を崩さずに木枠から取り外せるところがグッドです。
DSCN7509

こんな感じで二丁できます。
DSCN7510

豆腐作りにも慣れてきたので、もはや失敗することもなく製造に要する時間も縮めることができました。次の目標は、豆腐の量産ですが、豆腐を作ると大量のおからが出るので目下のところはおからの消費が悩みのたねです。



ブラジル余話の更新をメールでお知らせ

メールアドレスをご記入頂ければ、サイトの更新をメールでお知らせいたします。購読の解除も簡単です。ご登録して頂けると嬉しいです!