ポウパンサの金利がインフレ率に負けている話

資産運用

3月の消費者物価指数(IPCA)は1.32%と8年ぶりの水準となりました。
12ヵ月に引き直すと8.13%で2003年以来の水準だそうです。

http://economia.uol.com.br/noticias/redacao/2015/04/08/inflacao-marco-ipca-ibge.htm

物価上昇の主な要因は電気代の上昇で、
平均で22%も上昇しています。

4月9日のポウパンサの金利は0.6066(月)でした。

年利にすると7.27%です。

8.13%(インフレ率)- 7.27%(ポウパンサ金利)=(-)0.86%

ブラジルでの投資の際には名目金利だけでなく、
実質金利も考える必要がありますね。



ブラジル余話の更新をメールでお知らせ

メールアドレスをご記入頂ければ、サイトの更新をメールでお知らせいたします。購読の解除も簡単です。ご登録して頂けると嬉しいです!