ブラジル人に人気の名前上位10位とその由来

ブラジル名前の由来

IBGEは2010年に名前の統計を取りました。以下の名前は、その中で最も多かった名前の上位10件です。

順位 日本語 ポルトガル語 人数
1 マリア Maria 11,734,129
2 ジョゼ José 5,754,529
3 アナ Ana 3,089,858
4 ジョアン João 2,984,119
5 アントニオ Antonio 2,576,348
6 フランシスコ Francisco 1,772,197
7 カルロス Carlos 1,489,191
8 パウロ Paulo 1,423,262
9 ペドロ Pedro 1,219,605
10 ルーカス Lucas 1,127,310

マリアさんが、2位を大きく離す圧倒的な多さです。

この記事では、ブラジルで人気のある名前10位までの由来などをご紹介します。

マリア(Maria)

マリアの語源は不確かですが、ヘブライ語の「Myriam」に由来するのではないかと言われています。「純潔」「高潔」「清廉」などの意味があります。

ブラジルで最も人気がある理由は、言うまでも無く「聖母マリア」の存在が大きいです。

マリア単独ではなく、2つの名前を結合した名前もポピュラーです(例えば、Maria EduardaやMaria Fernandaなど)。また、男性の名前に使用されることもしばしば見られます(例えば、João MariaやJosé Mariaなど)。

ついでながら、Mariaを反対から読んだらAiramになりますが、アイラムさんは522人いるようです。このブラジル人のいい加減さが好きです。

なお、フランス読みのMarieは2,364名、英語読みのMaryは16,798名でした。

ジョゼ(Jose)

ジョゼはヘブライ語の「ヨセフ(Yosef)」に由来しています。「神が加護する」という意味があるようです。

中世ユダヤ人に良くつけられた名前です。有名どころとしては、旧約聖書に出てくるヤコブとラケルの息子で、エジプトでファラオの右腕となり、ユダヤ人を飢饉から救った人として有名なヨセフがいます。

他には、聖母マリアの配偶者でイエスの養父である聖ヨセフ、イエスの十二使徒のひとりのヨセフが有名です。

ちなみに、「イースター」はエジプトのヨセフにルーツがあります。

イースターは、モーセのエジプト脱出に由来

2016.03.25

アナ(Ana)

もともとはヘブライ語「ハンナ(Hannah)」に由来する名前で、「神の恵みに満ちた」という意味があります。

聖書にも同じ名前の人物が登場します。有名なのは、聖母マリアの母親、高齢出産をしたことで知られる預言者サミュエルの母親、そしてイエスが救世主であることを預言した女性などが居ます。

聖アンナ(聖母マリアの母)の影響により、西洋のキリスト教徒の名前として非常に人気があります。

ジョアン(João)

ジョアンもヘブライ語(Iohanan=ヨハナン?)由来の言葉で、アナ同様に「神の恵みに満ちた」といった意味があります。ユダヤ人には一般的な名前で、その後、キリスト教徒もこの名前を付けるようになりました。

日本語だと「ヨハネ」、英語だと「ジョン(John)」、スペイン語では「フアン(Juan)」、イタリア語だと「ジョバンニ(Giovanni)」、アイルランド語では「ショーン(Sean)」と呼ばれています。

名の知られたジョアンとしては、新約聖書に登場する「洗礼者ヨハネ(João Batista)」が有名です。預言者ザカリアの息子で、イエスを洗礼したことで知られています。

他にも、イエスの弟子で「ヨハネの黙示録」を記したジョアンも有名です。

ポルトガル王国アヴィス王朝の創始者は「ジョアン1世」と言います。「ジョアン六世」の時にポルトガル王室はブラジルに遷都しています。

アントニオ(Antonio)

さて、ここまで全ての名前はヘブライ語由来でしたが、ようやくヘブライ語以外に由来する名前が登場です。

アントニオは、ギリシャ語のAntóniosに由来し、「計り知れない価値がある」といった意味があります。

アントニオという名前は、エジプト生まれの「聖大アントニオス(貧しいものに財産を分け与え、砂漠で祈りと苦行の生活を送った聖人)」の影響でポピュラーになりました。

ブラジルにおいては、リスボンの聖アントニオが「結婚の聖人」として有名で、6月13日は聖アントニオの日としてセレモニーが行われます。

ブラジル流の婚活では、水責め拷問もアリ!?

2016.06.13

フランシスコ(Francisco)

フランシスコの名前はラテン語由来で「フランスから来た者」という意味があります。

この名前の由来は、イタリア、アッシジ市で生まれた聖人、「アッシジの聖フランシスコ」に関係しています。フランス贔屓のイタリア人男性が、ジョバンニという洗礼名の息子の名前を改名し、「フランシスコ」と名付けました。これが、後の聖フランシスコです。聖フランシスコの人気と比例して、「フランシスコ」という名前が中世ヨーロッパで人気になりました。

「アメリカ大陸」の名づけ親になったことで有名な、イタリア人のアメリゴ・ペスプッチがブラジルにやってきた時、東北伯にある河を聖フランシスコの命日に発見し、「サンフランシスコ河」と名付けました。サンフランシスコ河は、水源から河口までブラジルのみを流れる河としては、ブラジルで最も長い河です。

フランシスコという名前の男性は、ブラジルでは愛称として「シッコ(Chico)」と呼ばれることが多いです。

アメリカ大陸の名前は、アメリゴ・ベスプッチに由来

2017.04.18

カルロス(Carlos)

カルロスといえば、私の中では真っ先に「カーロス・リベラ(あしたのジョーの登場人物)」が頭に浮かびます。

カルロスは、ゲルマン語に由来し、「男性」「戦士」といった意味があるようです。

カルロスという名前が人気になったのは。「ヨーロッパの父」とも呼ばれるフランク王国の「カール大帝」によるところが大きいです。ヨーロッパ諸国の王族の名前としても好まれました。

パウロ(Paulo)

パウロという名前はラテン語の「Paullus」に由来し、「背が低い」「小さい」という意味があります。ローマ人には、身体的特徴から命名する文化があったようで、そのような名前のひとつです。

パウロという名前が有名になったのは、もちろん、サンパウロ(São Paulo)=聖パウロによるところが大きいです。

聖パウロは、新約聖書に収録される27書簡のうち、実に13書簡(いわゆる「パウロ書簡」)を記述した聖人です。

聖パウロは、もともと「サウロ」という名前でキリスト教を積極的に迫害していました。

新約聖書の使徒行伝9章によると、サウロが、ダマスコの近くにきたとき、突然、天から光がさして、「サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害するのか」とイエスが呼びかける声を聞いたといいます。この後、サウロは目が見えなくなってしまいます。

キリスト信者のアナニアという人が、手をサウロの上において、「兄弟サウロよ、あなたが来る途中で現れた主イエスは、あなたが再び見えるようになるため、そして聖霊に満たされるために、わたしをここにおつかわしになったのです」といって祈ると、たちどころに、サウロの目から、うろこのようなものが落ちて、元どおり見えるようになりました。

キリストの熱心な迫害者であったサウロは、この後、洗礼を受けパウロと改名し、こころを改め、今度は初期キリスト教の重要なリーダーとしてキリスト教の普及に生涯を捧げました。

これは「目からウロコ」の由来になったエピソードとしても有名です。

スペイン語ではパブロ、フランス語ではポールと呼ばれています。

ペドロ(Pedro)

ペドロの語源はギリシャ語のPétrosで、その意味は「石、岩」です。現代ポルトガル語においても、石はPedraといいますね。

最も有名なペドロは、イエスの一番弟子の聖ペテロです。有名なバチカン市国のサン・ピエトロ寺院は、ペテロの墓所に建てられたものだと言われています。

漁師だったペテロは元々、シモンと呼ばれていましたが、イエスによって「ペテロ」と改名されました。聖書においては、水の上を歩いているときに怖くなって溺れかけたり、イエスが捕らえられた時に「私は知らない」と3回拒否したりと、その弱さを描いた逸話が数多く記されています。

イエスの死後は、初期キリスト教の屋台骨となった人で、最後はローマにて逆さ磔の刑に処せられて殉教します。

フランス語では「ピエール」、英語では「ピーター」と呼ばれます。

ルーカス(Lucas)

ルーカスは、ギリシャ語のLoukásに由来しています。「ルカニア人」という意味があります。イタリア地図を見るとブーツのような形になっていますが、ルカニアというのは、ちょうど土踏まずの当たりに位置した地域です。

ルカニア人というのは、「光」という単語に由来しています。ポルトガル語でも、光は「Luz」なので、何となく似ていますね。

ルーカスは、四福音書のひとつ、「ルカの福音書」の作者としてその名が知られています。ルカの職業は医者で画家でもありました。パウロに出会ってキリスト教徒になり、パウロとともに長く宣教の旅をした人です。

医者や画家の守護聖人と考えられており、世界中にルカの名前を冠する病院が見られるのは、そのためです。東京築地にある「聖路加国際病院」にも、ルカの名前がつけられています。

以上、長々と解説してきましたが、ブラジルで人気のある名前上位10位のうち、実に9件がキリスト教に関係のある名前という結果でした。人名に限らず、ブラジルの地名、祝日、文化にはキリスト教に由来するものも多いです。

ブラジルで生活するなら、一度は聖書を読んでおいたほうがよいでしょう。



ブラジル余話の更新をメールでお知らせ

メールアドレスをご記入頂ければ、サイトの更新をメールでお知らせいたします。ご登録して頂けると嬉しいです!(登録後の購読の解除も簡単にできます)