日本の草履がブラジルで世界的なブランドに成長-アバイアナス

ブラジル関連

メキシコの山岳地方には、「走る民」と呼ばれる「ララムリ」という民族がいます。彼らが愛用するサンダルは「ワラッチ」と呼ばれているそうです。「ワラッチ」は、古タイヤを利用して作ったサンダルで、山道を走るのに適しています。

一説によると、ワラッチは1613年にメキシコを訪れた伊達政宗の家来が履いていたものに着想を得たともいわれています(慶長遣欧使節)。

ワラッチとは由来が異なりますが、ブラジルで最も有名なサンダルのブランド、「アバイアナス(havaianas)」も約50年前に日本の草鞋にインスパイアされて誕生したと言われています。

「アバイアナス(havaianas)」は、日本では「ハワイアナス」という名前で販売されていて、ブラジルに行ったことがない人にも、その存在が知られています。

ブラジルでは専門店のほか、スーパーやコンビニでも販売されているほど普及しており、一人一足は必ず持っているようなアイテムです。

最近ではオシャレな感じでマーケティングしていますが、かつては、「貧乏人のサンダル(chinelo de pobre)」とも呼ばれていました。そんな、アバイアナスの歴史をご紹介します。

日本の草履+ハワイ=アバイアナス

アバイアナスのサンダルは、アルパガタス社(Alpargatas)により1962年に製造・販売開始されました。ゴム臭がしない、鼻緒が直ぐに抜けないなど、当初はデザイン性よりも機能性がセールス・ポイントとして押し出されていました。

アバイアナスのサンダルは藁で作られた日本のぞうりにインスピレーションを受けて製造されたもので、今でもソールに小さな楕円がいくつもデザインされているのは、米粒を表しているとも言われています。

アバイアナスの名前は、つづりから推測できる通りHavaí(ハワイ)の名前から来ています。アバイアナスが誕生した60年代では、憧れのリゾートとしてハワイが映画などで頻繁に登場し、人口に膾炙していたことから、この名前がつけられました。

貧乏人のサンダル(chinelo de pobre)

当初、アバイアナスのサンダルは「お洒落」とは無縁のものでした。現在でこそ、同社のサンダルは色々なモデルやカラー・バリエーションがありますが、当初は1モデル、1カラー(青)しかありませんでした。

値段が安く、耐久性に優れていたことから、ブラジルの消費者には瞬く間に普及しました。

創業から7年目、製造工程のミスで、誤って緑色のサンダルを製造・出荷するというミスを犯しますが、逆に消費者には受けが良かったようで、このときから緑色のサンダルも販売するようになりました。

80~90年代にかけて、アバイアナスは「低所得者層のサンダル」というイメージが定着し、事業が伸び悩むようになりました。

イメージ刷新

この危機を乗り越えるべく、アバイアナスは1995年から新しいカラー、花柄をあしらったモデル、スリムタイプ、子供用モデルなどを打ち出し、有名人を起用した積極的な広告宣伝を実施するようになりました。

これが功を奏し、アバイアナスのサンダルは再び売上を伸ばし、また、アンジェリーナ・ジョリーやデイビッド・ベッカムなど、海外の有名人が着用することで、海外でも話題になりました。

1998年のフランスW杯では、サンダルの緒に小さなブラジル国旗を発売した製品を発売しました。これが世界中でヒットし、現在までに最も売れたモデルのひとつになりました(筆者もこれを履いていました)。

この頃から、アバイアナスのサンダルは、海外(スペイン、ポルトガル、イタリア、フランス、イングランド、米国、ドミニカ、日本)でも販売されるようになりました。

2000年には、米国、欧州の中心部にアバイアナスの店舗がオープン。2004年には、H.Sternと協力して18金のサンダルを作るという変わった取り組みをしています。

2010年には夏以外にも履ける商品として、アバイアナスのソールを使った靴がヨーロッパで発売され、これが、ブラジルに逆輸入されて人気を集めました。

2011年にはディズニーとコラボしてキャラクター・ラインを発売。他にもスヌーピーやマーベル社のヒーローなど、人気キャラクターをプリントしたサンダルが発売され、人気を博しています。

2015年にはレインブーツを発売し、翌2016年にはサングラスを発売するなど、サンダルにとらわれずに新しい商品カテゴリーの展開にも挑戦し続けています。

個人的な意見としては、アバイアナスのサンダルは、ビーチや家でリラックスする際に履くのには向いているのですが、足首をしっかり固定してくれるタイプも発売してくれたらいいな、と思っています。

筆者は、最近はKEEN社のサンダルと靴を融合させたようなモデルを愛用しています。



ブラジル余話の更新をメールでお知らせ

メールアドレスをご記入頂ければ、サイトの更新をメールでお知らせいたします。購読の解除も簡単です。ご登録して頂けると嬉しいです!