ブラジル代表のユニフォームが白から黄色になった理由

ブラジル歴史

サッカー・ブラジル代表のユニフォームといえば、「カナリア色」と言われる黄色が直ぐに頭に浮かぶ人も多いと思います。カナリアというのはこんな鳥です。


Gelber Kanarienvogel

「カナリア色」のユニフォームを着ていることから、「カナリア軍団」とも呼ばれ、ブラジルのサッカーとは切っても切れない印象がありますが、実は、かつてはブラジルのユニフォームは約35年間、白を基調としたデザインだったのをご存知でしょうか?

不運を象徴する「白」

ブラジルサッカー協会(CBF)は、1914年にできた「ブラジルスポーツ連盟(FBS)」を母体にしています。1914年から1950年までの約35年間、ブラジル代表の着るユニフォームは、白いシャツと青いショートパンツでした。

ブラジルのW杯への初出場は1930年のことでした。当時のユニフォームは100%綿で出来ており、汗を掻いたり雨に濡れると重たくなったりという欠点がありました。

白いユニフォームは、1950年のW杯で起こったある悲劇を理由に永遠に葬り去られることになりました。

それは、日本語では「マラカナンの悲劇」で有名なブラジル代表の歴史的な敗北劇です。ポルトガル語では、マラカナッソ(Maracanaço)と呼ばれています。

1950年のW杯は初めてブラジルで開催されました。開催国として、初優勝を目指していたブラジルは、リオデジャネイロのマラカナン・スタジアムで、ウルグアイとの決勝リーグ第三戦に臨みました。ブラジルは、ここでウルグアイと引き分け以上になれば優勝することができるという状態で試合に臨んだのです。

後半でブラジルが1点を先制し優勝への期待が高まりましたが、その後、ウルグアイに2点を決められ、ウルグアイに優勝国の座を奪われる悲劇となりました。

逆転ゴールを決めたウルグアイ代表のギジャ選手によると、「会場は水を打ったような静けさに包まれ、その辺を飛んでいたハエの羽音が聞こえるようだった(O silêncio era tão grande que se uma mosca estivesse voando por lá, ouviríamos o seu zumbido.)」と証言しています。

あまりの衝撃により、自殺する者、心臓発作などで死んだ者が90名も発生しました。

Youtubeでその時の様子を見ることができます。

この悲劇を受けて、「白のユニフォーム」は「不運」の象徴と考えられるようになりました。しかし、その後もしばらくは白いユニフォームの使用は継続しています。

ブラジルを象徴するカナリア色

1952年に新しいユニフォームを作ろうという機運が高まり、リオデジャネイロの新聞とブラジルサッカー協会(CDB)の企画により、ユニフォームのデザインが募集されました。

選考の結果、19歳のアウダイール青年(Aldyr Garcia Schlle)のデザインしたユニフォームが採用されました。そのデザインは、黄金のイエロー、緑色のリブと袖、コバルトブルーのパンツに白いソックスというブラジルの国旗の色をあしらったものでした。

ついでながら、ユニフォームの生みの親、アウダイール青年はコンクールがキッカケで、主催したリオの新聞社にインターンで入社し、その後は、ジャーナリスト、作家、大学教授としてご活躍なさっています(現在83歳)。

このカナリア色のユニフォームは1954年のスイスW杯から着用されるようになりました。

マラカナンの悲劇から8年後の1958年、ペレ率いるブラジル代表はW杯初優勝を果たしました(この時に来ていたのは、青のセカンドユニフォームでしたが)。1950年から1958年までのペレの活躍を描いた映画が最高に面白いので、ぜひご覧になってみてください。

なぜ背番号10がエース?映画『ペレ 伝説の誕生』

2017.01.23

また、この時代の歴史についてはサンパウロにある「サッカー博物館」に行くとよくわかります。サンパウロに行くことがあれば、是非足を運んでみてください。

サンパウロのサッカー博物館に行く前の予習

2017.03.09

2014年ブラジルW杯中に販売されていたトイレットペーパー

ユニフォームに星をつける慣習はブラジル代表が始めた

現在、ブラジル代表の胸には、ブラジルサッカー協会(CBF)の盾のワッペンがあり、その上に5つの星が付いています。これは、ブラジルがW杯で優勝した回数を示しています。


NIKE(ナイキ) ブラジル代表 2018 ホーム 半袖 ユニフォーム No.10 ネイマール 893856-749/10N (インポートL)

現在、優勝回数の多い順では、ブラジル(5回)、ドイツ(4回)、イタリア(4回)、アルゼンチン(2回)、ウルグアイ(2回)、スペイン(1回)、フランス(1回)、イングランド(1回)となっており、どの国のユニフォームにも優勝回数の数だけ星が付いています。

この星をつける慣習は、1970年にブラジルが3度目の優勝に輝いた時にブラジル代表のユニフォームにつけられた時から世界的に広まったという歴史があります。

代表ユニフォームの進化

1986年、これまで100%綿だったユニフォームの素材に、ポリエステルが初めて取り入れられました。この時は綿との混合でしたが、それでも従来のユニフォームよりも軽くなりました。その後、94年には100%ポリエステル製に変わりました。98年からはユニフォームのスポンサーの座をナイキが獲得しています。

2018年に6回目の優勝を目指すブラジル代表が着るユニフォームは、従来品よりも繊維の数を減らし、より軽く、フィット感を増しているとのこと。

Amazonでも2018年ブラジル代表の公式ユニフォームが販売されていました。ナイキ公式のネイマールモデルは17,172円とかなりお高いです。ブラジルで買うと249.99レアル(約7,500円)だったので、ちょっと馬鹿らしいです。

楽天では、ネイマールの背番号が入っていないものを、12,420円で販売しています。こちらは、比較的お求めやすいですね。販売元は、有名なサッカーショップKAMO(加茂)です。

ナイキマークの入っていないレプリカであれば、2,980円でも手に入ります。

首のところには、「君は代表だ(Você é a seleção)」と書いてあります。

NIKE(ナイキ) ブラジル代表 2018 ホーム 半袖 ユニフォーム No.10 ネイマール 893856-749/10N (インポートL)

筆者はカメローで買った、「パウリーニョ」の名前が入ったパチモノしか持っていないので、来月のW杯開催に合わせて衝動買いしてしまいそうです。

ブラジルサッカー選手の82%が月給3万円以下という事実

2016.02.24

ブラジル人サッカー選手は、どの国を目指すのか

2016.02.25

ブラジルは、ラジオのサッカー解説が芸術的

2015.12.07


ブラジル余話の更新をメールでお知らせ

メールアドレスをご記入頂ければ、サイトの更新をメールでお知らせいたします。購読の解除も簡単です。ご登録して頂けると嬉しいです!