若返りの秘薬でアンチエイジング

健康管理

新しい大根おろし器を購入してから、
大根おろしが静かなブームです。

大根おろしに醤油をかければ、
そのままでも食べられますし、
色々な料理とも合います。
b10df62f8661c332a44797357654cb11_m

ところで、大根おろしの絞り汁
辛いので飲まずに捨ててしまうことが多いですが、
この辛い汁こそ若返りの秘薬であることをご存じでしょうか?

大根おろしの絞り汁には、ビタミンCジアスターゼ(消化酵素)
イソチオシアネート(辛味成分)など様々なの有効成分が含まれています。

これらの有効成分は、加熱により損なわれてしまうため、
生で食べることが重要です。

絞り汁に含まれるイソチオシアネート(辛味成分)には
強い殺菌力があり、血栓予防、免疫力・消化力UP、
がん細胞およびがんの転移を予防します

イソチオシアネートのもとになる成分は
皮に近い部分で根っこの先の方に多く含まれます。

大根は根っこの方が辛いですよね。

ぼくは、大根おろしに、生姜のすりおろしと
ニンジンのすりおろしを加えて、
醤油をたらして食べてます。

生姜にもジンゲロールと呼ばれる辛味成分が含まれていて、
強い殺菌力、抗酸化力を発揮してくれます。
活性酸素を除去し、免疫力や消化力を高める効果があります

是非試してみてください。

参考図書

関連記事

もう100均の大根おろし器には戻れない…



ブラジル余話の更新をメールでお知らせ

メールアドレスをご記入頂ければ、サイトの更新をメールでお知らせいたします。ご登録して頂けると嬉しいです!(登録後の購読の解除も簡単にできます)