『真田丸』効果で賑わう上田城に行ってきました

実家の長野県に帰省している間に、一泊二日で上田に行ってきました。母親と叔父・叔母、そして我が妻の5人旅行です。
dscf0400

上田は、2016年大河ドラマ『真田丸』の主役、真田幸村ゆかりの土地です。午前9時過ぎに上田城跡公園に到着したのですが、大河ドラマの影響もあってか観光バスがひっきりなしに到着し、大量の観光客が押し寄せていました。恐るべし大河ドラマ効果。
dscf0418

期間限定の施設、大河ドラマ館
dscf0411

上田城は織田信長が本能寺で倒れた翌年の1583年に、真田幸村の父、真田昌幸が築城した城です。関ヶ原の戦いの後に、真田昌幸・幸村父子が九度山に流され、上田城の本丸は破壊されています。現在では、本丸、二の丸の土塁、石垣、濠後が残っており、さらには櫓(やぐら)と櫓門が保存されています。
dscf0402

本丸跡
dscf0424

本丸に生える「かりん」の木
dscf0427

dscn9521

かりんの木を庭先に植えると、借金をしないで済むようになります(借りん)合わせて樫の木(貸し)を植えると良いです。70代の叔母に教えてもらいました。

10月下旬でちょうど紅葉が始まりかけの時期でした
dscn9522

上田城は丘の上に建てられていて、要害の地であったことが分かります
dscn9493

大河ドラマ館

2017年1月15日までの期間限定で開設されているという大河ドラマ館は、本丸手前の建物の中にあります。大河ドラマで役者が実際に使用した衣装や、甲冑、絵コンテなどが展示されています。

大河ドラマで真田幸村(堺雅人)が着用した甲冑
dscn9499

ドラマ館内には、ミニ真田丸があり、絵コンテや撮影道具などが展示されていました。
dscn9503

室賀正武(西村雅彦)のセリフが書かれたせんべい
dscn9504

上田城真田茶屋

dscn9507
大河ドラマ館の目の前から、美味しそうな匂いを放つ上田城真田茶屋は2016年4月2日から12月4日までの期間限定のご当地グルメコーナーです。ブラジルから日本に来たばかりの身にとっては、胃袋がいくつあっても足りないと思ってしまうほど、どれもおいしそうなものばかりでした。一緒に行った叔母に勧められた長門牧場ソフトクリームを頂きました。

信州上田おもてなし武将隊

dscn9514
櫓(やぐら)門前では赤備えの鎧兜に身を包んだ真田幸村に出会いました。信州上田おもてなし武将隊というのがあって、真田幸村の他にも真田十勇士が居ます。希望者には、無料で記念撮影に応じてくれます。

真田の六文銭、のぼりばしごの由来

真田の六文銭は、仏教の六動銭に由来すると考えられています。六動銭は三途の川の渡し銭を意味しています「不惜身命」を象徴する旗印。

上田では色々な場所で六文銭を見かけることができます
dscn9524

昌幸所用の甲冑に描かれている四段梯子は、武田信玄から戦の功により賜った誉れの象徴であり、梯子には「高みへ登る」という意味があります。

柳町(北国街道)

dscn9530
上田城跡公園から歩いて15分ほどの場所に、「柳町」という古い街道が保存されている場所があります。この街道は、北国街道と呼ばれ、参勤交代の大名や、善光寺参りをする庶民が通った街道です。

dscn9529
柳町には、酒蔵、天然酵母のパン屋、様々な食堂が日替わりで運営するコラボ食堂などがあります。規模は小さいですが、散歩が楽しいです。

dscf0434

天然酵母のパン屋、ルヴァン
dscf0439

dscf0443

焼き立てのアンパン。
dscf0457

パン屋の2階が座敷になっていて、食事もできます
dscf0451

dscf0456

上田市内には、真田十勇士のフィギュアが飾ってあります。こちらは、霧隠才蔵。
dscn9525

真田幸村
dscf0401