スイスにはスモーカーが多い

スイスという国は、洗練されたデザインが多く見られ、町も美しいものだという先入観があったのですが、町を歩いていて意外に思ったことは、道にタバコの吸い殻が沢山落ちているということです。

街中を歩いていると、歩きタバコをしているスイス人が多いことに驚きます。煙の受動喫煙も気になりますが、すれ違いざまに洋服を焦がされないかと心配でした。

幸い、レストランなどの屋内ではタバコの喫煙が法律で禁じられています。この点では、日本の先を行っています。スイスでは、寒い日でもカフェやレストランのオープンテラスがスイス人に人気です。この寒いのに、何を好きこのんで外に座るんだろうと思うのですが、おそらく、彼らはタバコが吸いたいんですね。

これだけスモーカーが多いと、気になるのがタバコの値段です。タバコの自動販売機があったので、値段を見ると驚きです。ケントが8.5フランしています。日本円にすると1,000円です。高っ!
DSCN7213

まあ、ランチが3,000円するような国なので、タバコの値段も妥当なラインなのかもしれません。