日本一時帰国の時に便利な携帯電話SIMカード

ブラジルに引っ越す時に日本で使っていた携帯電話は解約してきました。ブラジルでは、ノキアのスマホを会社から支給されて使用しています。

年に一度、日本に帰国する機会があるのですが、その時に困るのが通信手段です。ブラジルの携帯電話は会社支給のものですし、ローミングすると高いので、初めて日本に帰国した時は空港で携帯をレンタルしました。

レンタル携帯は、スマホ全盛期の時代にも関わらず、ガラケーでした。使い慣れていないので、操作方法を覚えるまでは使い勝手が非常に悪い。一日当たりのレンタル料は700円くらいだったと思います。

レンタルは何かと面倒なので、二年目からはHanaCellのジャパンSIMカードというサービスに切り替えました。これは、携帯電話本体ではなく、SIMカードだけ購入するサービスです。

海外在住者でも日本の携帯電話が永遠に持てる「ジャパンSIMカード」の紹介ページ。日本一時帰国時に使用した分だけご請求。月額基本料金なし
2015-12-07_1342_Hanacell

ジャパンSIMカードのここが良い

①一度契約を済ませれば、次からはスマホのSIMカードを交換するだけで使えます。
②月額利用料がかからないので、年間維持費8ドルを支払うだけで、いつまでも利用できます。
③電話番号が変わらないので、家族や友人に日本滞在中の番号として登録しておいてもらえます。

通話料は、日本国内で1分1ドル、SMSは0.12ドル/通で、緊急用の連絡先として利用する分には、高くありません。自分の場合、2週間の滞在で、大体4~5千円の利用料がかかっています。このサービスのいいところは、いちいち申込みや返却などをしなくて良いというところですね。いつもブラジルで使っているケータイのSIMカードを交換するだけです。これを使い始めてからは、もう面倒くさい携帯レンタルサービスには戻れません。

iPhoneには使えないそうです

便利なジャパンSIMカードですが、大人の事情からか(?)iPhoneやBlackBerryでは使えないそうです。ぼくはノキアのWindows Phoneを使っているのですが、問題なく利用できました。