サンパウロ空港のスターアライアンス・ラウンジが素晴らしい

今日からしばらく休暇で日本へ帰国予定です。サンパウロのグアルーリョス空港のわりと最近できたターミナル3(国際線が発着するターミナル)にて、出発前のひと時をスターアライアンスのラウンジ(Sala Vip)で過ごしました。
dscn9466

ブラジル国内線でコロンビアの航空会社(アビアンカ)を良く利用するため、マイレージ・クラブのゴールド会員になっていたのですが、アビアンカがスターアライアンスに加入したことにより、奇跡的にアビアンカのカードで、スターアライアンスのラウンジを使えるようになったのです。
http://tabatashingo.com/top/avianca-gold/

ラウンジの概要

ターミナル3のラウンジは、1.350 m²の面積、300人が入れる広いスペースを有しており、ファースト・クラス、ビジネス・クラスの旅客及びスターアライアンス・ゴールドの会員が利用することができます。

場所は、ターミナル3で荷物検査、イミグレーションを通過した後のゲート前の2階にあります。
dscn9461

ラウンジの食事

ラウンジでは無料のビュッフェがあります。旅行中は野菜不足になりがちですが、サラダやフルーツも充実していて嬉しいです。ビールやワイン、コーヒーも自由に飲むことができます。
dscn9462

4部屋あるシャワー室

ラウンジには、シャワー室が4部屋あり、これも無料で利用することが可能です。タオル、シャンプー、ドライヤーなどは全て完備されています。サンパウロ在住であればあまり有難味がないかもしれないですが、ペルナンブーコ州の田舎から長時間かけて出てきた身にとっては大変ありがたいです。
dscn9465

余談

dscn9464
ぼくはエコノミークラスしか乗ったことのない一般庶民なので、ラウンジは初めて利用したのです。ここで書いたことは、どこのラウンジでも普通の設備なのかもしれないですが、個人的にはこれこそ正にVIPルームだと感心しました。レシフェのVIPルームはあまりVIPルームらしくないので…。

それもこれも、アビアンカがスターアライアンスに加盟してくれたおかげです。年会費は1レアルも払ってないですが。それに比べて、イタウ銀行は年会費を300レアル強徴収する割に、あまりその恩恵を受けられていないような気がします。

追記

この後、トランジットでドイツのミュンヘン空港、フランクフルト空港を経由したのですが、そこでもマイナーなアビアンカ航空のゴールドが使えました。いずれもグアルーリョスとほぼ同じ設備内容でした。シャワーもあって、助かりました。

ドイツでは、ファーストクラスとビジネスクラスでラウンジが分かれていて、なぜかスターアライアンスのゴールド・カードであれば、ファーストクラスのラウンジも使えました。チケットは、エコノミーなんですが…。