仕事効率アップ!ポルトガル語の入力方法と便利な小技まとめ

ポルトガル語の入力設定

Windowsで下記の設定をすればポルトガル語を入力できるようになります。

コントロールパネル

地域と言語

キーボードと言語

キーボードの変更

追加

「ポルトガル語」を選んで「OK」

基本的な入力

nyuuryoku

入力言語の切り替えは「shift」+「alt」で

日本語入力とポルトガル語入力は「shift」+「alt」で簡単に切り替えられます。
絶対に覚えたいショートカット。

kirikae

ポルトガル語入力モード時の記号入力

キーボードをポルトガル語入力に切り替えると、記号まで入力配列が変わってしまいます。

お使いになったことがある方なら分かると思いますが、これはかなりストレスが溜まります。

例えば、カッコ()を入力したい時に、日本語ではshiftを押しながら()のキーを入力しますが、ポルトガル語入力モードで同じように入力しようとすると日本語のキーボードと異なり、右に一つずれます。

ポルトガル語特有の文字(セジーリャ、チウ等)は使っているうちに覚えてしまうのですが、記号に関してはナカナカ覚えられずに困っていました。

特に、エクセルなどで良く使う「()=+-*/」等の記号はどこにあるのか分からず、イチイチ日本語入力に直すという手間をかけていました。

テンキー付きキーボードで快適入力

キーボードのテンキーについては、勝手に配列を変えられることがないので、「+-*/」がそのまま入力できます。shiftも押さなくてもいいので、結構便利です。

他に良く使う記号は気合で覚えるしかありません。

気合で覚えるべき記号ベスト10

「(」
「)」
「=」
「?」
「/」
「&」

これは、日本語配列の右隣のキーで入力できます。

「:」
この記号は「shift」+「?」で入力できます。

「’」「”」
この記号は左端にある「半角/全角」ボタンで入力できます。

「@」
あまり入力することないかもしれないですが、
「shift」+「2」で入力できます。