ブラジルのトランプ、Pif Pafで遊ぼう


先日、ブラジル人宅のフェスタに行った際に、トランプゲームで遊びました。この時、ブラジル人の友人にPif Paf(ピフィ・パフィ)というゲームを教えてもらいました。Pif Pafといえば、ミナスジェライス州の冷凍食品メーカーのことだと認識していたのですが、その会社も元々はトランプゲームから社名をとったようです。

Pif Pafという名前は、カードをめくる時のオノマトペに由来しています。他にも、Pife(ピフィ)とか、cacheta(カシェッタ)という名前でも呼ばれます。面白いのは、Pif Pafでは、トランプを2組使用するという点です。どんなゲームなのか、簡単にご紹介しましょう。

遊び方

まず、トランプ2組を良くまぜます。親は時計と逆回りで各プレイヤーに3枚ずつカードを配り、最後に自分にもカードを配ります。これを3回繰り返して、手持ちのカードを9枚にします。

各プレイヤーは、自分の手持ちカードの組み合わせを確認し、掛け金を決めます。最低2枚のベッドが必要です。誰かが掛け金を4枚に釣り上げた場合、他の人も4枚出すか、ゲームを棄権することになります。この場合、掛け金の2枚は戻ってきません。

組み合わせの例は次の2パターンがあります。

同じ数で異なるマーク


同じ数の3枚組です。マークは3枚とも別のマークである必要があります。

ついでながら、ポルトガル語ではトランプのマークはナイプ(Naipe)といいます。

連番で同じマーク


A,2,3や5,6,7などの連番の3枚組です。この場合、マークが同じものでなければなりません。Q、K、Aなどの組み合わせもオーケーです。

親の右側にいる人からカードを引いていきます。カードを引いたら、不要なカードを一枚捨てなければなりません。次にいる人は、前の人が捨てたカード(数字とマークが分かる)かカードの山から選ぶか、2つの選択肢があります。一番早く3組9枚の組み合わせを作った人がゲームの勝者です。8枚まで組み合わせが決まり、リーチになった場合、自分の順番に関係なく、誰かが自分のあがりカードを捨てた時点であがることができます。ちょっとマージャンみたいですね。

ブラジル人とトランプゲームする機会があれば、Pif Paf(ピフィ・パフィ)をプレイしてみてください。シンプルですが、なかなか面白いゲームです。

折角なので、トランプにまつわるポルトガル語を少しご紹介します。

意味 表記 読み方 単語の意味
トランプ baralho バラーリョ トランプ
ジョーカー curinga クリンガ 抜け目ない人
クラブ pau パウ 棍棒
ダイヤ ouro オウロ
ハート copa コッパ
スペード espada エスパーダ