ブラジルでは肥満者が優遇されています。

肥満者専用のサッカー観戦チケット

ちょっと前の話ですが、2014年にブラジルでワールドカップが開催された時、ぼくもレシフェのスタジアムに試合を見に行きました。チケットは FIFAのウェブサイトに登録して購入しました。FIFAのチケットの種類は1~4等まで。その他に、車いす、身体障碍者の 専用のチケットがあり、さらには、「肥満の人専用」のチケットなるものがありました。

肥満専用のチケットとはなんぞや?車いすや身体障碍者の方の専用チケットは分かる。しかし、なぜ肥満専用のチケットがあるんだろう。ワールドカッ プのチケットは先着販売のフェーズでは一瞬にして空きが無くなってしまいます。憎らしいことに肥満専用のチケットは大分空きがあります。肥満といっても、どこからが肥満とみなされるのでしょう?まさか、入場するときに、体重を測るわけでもあるまいし。肥満専用チケットの席が、あるエリアに固められていたとしたら、ちょっと、異様な光景になりそうですね。ちなみに、肥満者専用チケットは、ブラジル在住者専用のチケットで、非居住者は購入できない不思議なチケットでした。

肥満者の優先席

先月ベレンに行った時に、空港で面白いものを見つけました。よくある優先席の表示かと思いきや、日本では見慣れない絵がありました(中央)。
DSC00372
ペルナンブーコ州では同じような見かけたことがないので、州によって取り扱いが違うのかもしれません。

体重によって航空券の値段が異なる

サモアの航空会社では、体重によって値段を買えるという販売戦略をとっているということがブラジルで論争になったそうです。飛行機の重さによって燃料の消費が異なるので、体重が軽い人の料金は安く、体重が重い人の料金は高くなるのです。サモアには、肥満気味の人が多く、航空会社の燃費負担が大きいことから、このような方針がとられているということです。日本ではちょっと考えられない販売戦略ですね。
http://g1.globo.com/fantastico/quadros/reporter-por-um-dia/noticia/2013/04/companhia-aerea-resolve-cobrar-passagem-pelo-peso-do-passageiro.html