まさに楽園!モーホ・ジ・サンパウロのビーチが楽しすぎる。

モホ・ジ・サンパウロ三日目の今日は、三日ぶりの快晴です。この日は、丘の上にある灯台を目指して教会前にある階段をひたすら登ることにしました。

教会(Igreja Nossa Senhora da Luz)
DSCN6607

灯台に続く階段
DSCN6624

15分くらい上ると、灯台が見えてきます。

灯台
DSCN6626

この灯台、中に入って登れるわけではないので、わざわざ苦労して登ってくる意味はあまりないように思います。むしろ、灯台の直ぐ脇にある見晴台からの眺めの方が見ものです。エメラルド・グリーンのビーチはそのままポストカードにできそうな絶景です。
DSCN6636

ブラジル人は、自分撮りが大好きです。周りの視線も気にせず、思い思いのポーズで写真撮影。
DSCN6634

ここから、下の第二ビーチまでロープくだり(Tiroleza)を楽しむことができます。高所恐怖症の人にはちょっと怖そうなロープくだりです。ロープくだりは朝10時から。一人40レアル(約1300円)でした。海に着地する仕組みになっているので、ロープくだりをやる場合には水着を着て手ぶらで行かなければなりません。

ロープくだり
DSCN6722

拡大図
DSCN6722-2

モホ・ジ・サンパウロのビーチは、港から数えて手前から第一ビーチ、第二ビーチ、と番号で区別されていて、第五ビーチまであります。第三ビーチまではアスファルトの歩道が整備されていて、港から徒歩で気軽に訪れることができます。

第二ビーチ、第三ビーチには、ホテルやレストランが軒を連ねていて賑やかです。海に入って泳ぐのが好きな人はここら辺にホテルを取ると便利だとおもいます。
DSCN6660

第二ビーチには、こんな感じのしゃれたレストランやホテルが数多くあります。
DSCN6655

やしの木を利用したオブジェ。髪の毛の質感がブラジル人そっくりです。
DSCN6652

DSCN6657

DSCN6658

なぜか仏像が鎮座するレストランなどもありました。
DSCN6656

第二ビーチと第三ビーチの間にあるサウダージ島(Ilha da Saudade)が楽しすぎる!!
透明度の高い水の中にはサカナもいます。
DSCN6673

サウダージ島(Ilha da Saudade)の天然プールです。
DSCN6674

サウダージ島(Ilha da Saudade)にも例のオブジェが。
DSCN6677

ランチは浜辺で砂浜に足を突っ込みながら食べるのが、基本です。
DSCN6717

海を眺めながらバイーアの郷土料理ムケッカを食べる。幸せすぎる瞬間。
これが楽しくないわけないですよね。
DSCN6706

ぼくたちも楽しいわんわん!!
DSCN6700

ロブスター入りのパステル売り(スタンダードな牛肉入りの方がうまかったです…)
DSCN6694

いやーーー、モホ・ジ・サンパウロ楽しすぎます!!
ほぼ100%観光で成り立っている島なので、治安がいいんです。
リオ・デ・ジャネイロあたりで観光客が浮かれていたら、スキがあると見られて強盗に襲われるリスクが高まりますが、モホ・ジ・サンパウロはそういう心配がありません。むしろ、観光客には楽しんでもらってお金を落としていってもらったほうがいいのです。現地の人は外国人にも見慣れているので、アジア系だからということで子供たちにじろじろ見られることもありません。ここがブラジルであることを忘れそうになります。ぎっくり腰を抱えて、苦労して来たかいがありました。

モーホ・ジ・サンパウロ紀行【まとめ】
ブラジルでは非常に有名な観光地なのに、日本のガイドブックには名前すら載っていないような観光地が沢山あります。ここで紹介するモーホ・ジ・サンパウロ(Morro de São Paulo)もそのうちの一つです。 サルバドールからの行き方 バイーア州の...