ブラジル人が教える海外で日本人を見分ける方法

日本からブラジルにお客さんが来る時に、ブラジル人と一緒にサンパウロの空港までお客さんを迎えに行きました。この時、ブラジル人の彼は嬉しそうに「日本人旅行者の見分け方を教えてやろう」と言ってきました。

「日本人は顔を見なくてもスーツケースを見れば見分けられるのさ。ほら、日本人は皆スーツケースにカラフルなバンドをはめているだろう。」

確かに、到着ロビーに出てくる人で、スーツケースにバンドをはめているのは、どれもしょうゆ顔をした人ばかりです。ブラジル人や中国人風の顔つきをした人はバンドをはめていません。

そこで、ぼくも対抗して「よし、海外でのブラジル人の見分け方を教えてやろう」といいました。「その方法は簡単。歯と舌を使って、Psiu(プシウ)という音を出した時に振り返ったのが、ブラジル人さ。」

ブラジル人は、レストランでウェイターを呼んだり、人の注意を引きたい時に「プシウ」という音を立てます。そんなに大きな音ではないのですが、この音を聞くとブラジル人は条件反射的に振り向いてしまいます。あまり、行儀のよいことではないそうなので、ぼくはやりませんが。

余談ですが、ブラジルから遠く離れたフィリピンにもこの「プシウ」の文化があります。フィリピン人の友人が、シンガポール辺りでこの音を出した時に振り返った奴は、中国人でも、インドネシア人でもなく、フィリピン人だという冗談をいってました。

日本の買い出し品をたっぷり詰められるおすすめスーツケース
ブラジルに住んで四年目に突入しました。年に一回、日本に帰国する時は、本や日用品を日本で買いだめしてくるのが楽しみになっています。 最初は、スーツケースなんてどれも一緒だあッと思って、東急ハンズで一万円くらいのものを買って使っておりました。ところ...