ブラジルでは「めし食う?」とは絶対に言わないでください

ブラジルに来たら、うかつに口にするとまずい単語がいくつかあります。

「めし食う?」

会社で同僚と一緒に昼めしを食べる時、「そろそろ、めし食う?」といったやりとりがなされることがあるかと思います。ブラジルで同じようなフレーズを言うと周りのブラジル人がびっくりしてしまうかもしれません。

解説

ポルトガル語の動詞「mexer(メシェー)
には、「かき混ぜる、いじる」という意味があります。

この動詞の三人称は「mexe(メッシ)」と変化します。

そして、下世話な話ですが「cu(クゥ)」という男性名詞は「尻の穴」という意味があります。

真面目に働くべき職場で、ジャポネースが突然「メッシ・クゥ」などと言ったら人間性を疑われてしまいそうです。

というわけで、ブラジルにおいては、「めしくう?」の代わりに「ご飯食べる?」と丁寧に言ったほうが安全です。

関連記事

ブラジル人に教えてあげると抱腹絶倒してしまう危険な日本語①
日本語の発音には、ブラジル人からすると面白い発音が沢山あるようです。 今日はそのうちの2つをご紹介しましょう。 その1.化学 日本に行ったことのあるブラジル人が言いました。 「日本語ってホントに変な単語が多いよね。”きみか”なんて最高。」...
ブラジル人に教えてあげると抱腹絶倒してしまう危険な日本語②
ブラジルに来たら、うかつに口にするとまずい単語がいくつかあります。実際にあった話から、それをご説明します。 レストランでの席取り 大阪から中年女性の団体旅行客がブラジルに旅行に来ました。 彼女たちが食事をとるためにデパートのフードコート...
アイドル(加護亜衣)の名前で覚える超不真面目なポルトガル語文法講座
たまには、不真面目にポルトガル語の文法について解説してみたいと思います。 動詞の活用(現在形) ポルトガル語の動詞は、主語によって語尾が変わります。 《例》falar(ファラー) 意味:話す 主語 活用 読み方 ...