ベレンの喧騒を忘れることができる、マンガル・ダス・ガルサス公園

マンガル・ダス・ガルサス公園はベレン中心から少し南に行った
川辺にある雰囲気の良い公園です。

2005年にパラ州政府によって建設されたこの公園は
もともとマングローブ林があった場所に造られました。

風通しも良く緑の多い公園で、ベレンに行く機会があれば
一度は行く価値のある公園だと思います。

DSCN5997

白い鳥がモチーフの、この門をくぐると、
放し飼いにされた、白い鳥が出迎えてくれます。

DSCN5898

初めて見たときは、作り物かと思ったのですが、
良く観察していると、ちゃんと生きていました。
公園のシンボルであるこの鳥は、園内のあちらこちらで
気持ちよさそうにしています。

マンガル・ダス・ガルサス(MANGAL DAS GARÇAS)という覚えにくい公園の名前の意味は
MANGAL=マングローブ林の
GARÇAS=サギ達
すなわち、「サギ達のマングローブ林」に由来しているようです。

公園内は基本的に無料で見ることができますが、
以下の施設を利用する場合には、チケットを購入する必要があります。

1.展望台(エレベーター利用)
2.野鳥の観察館
3.蝶の観察館
4.アマゾン船の博物館

チケット売り場で、各5レアル。
4枚セットで買うと15レアルに割引になりました。

個人的には、3と4は、見なくても良かったかなと思いましたが
200円くらいの差であれば、せっかくなので4枚セットで
買ってみてください。

1.展望台

DSCN5897
高さ50メートルほどの展望台へはエレベーターで昇れます。
ここからは、公園の全体を見渡せるだけでなく、
ベレンの市街やグアジャラ湾を見ることができます。

DSCN5902

DSCN5904

DSCN5906

2.野鳥の観察館

大きいドームの中で、鳥を間近に見ることができます。
DSCN5922

DSCN5915

DSCN5936

DSCN5927

DSCN5923

3.蝶の観察館

大きいドームの中に、たくさんの蝶が飼育されています。
DSCN5948

4.船の博物館

こちらでは、アマゾン河で使われている船の模型などが展示されています。
DSCN5979

その他

公園内で大きなイグアナが昼寝していました。
DSCN5940

痛そうなトゲのある木。
DSCN5900

公園内にある池のほとりでは、鮮やかな色をしたトリが見られます。
DSCN5945

ミュージアムショップでは、インディオが作った民芸品が売られていました。
DSCN5993

DSCN5991

レストラン

公園内には、「マンジャー・ダス・ガルサス*」という高級レストランがあります。
窓辺の席ではグアジャラ湾を見ながら食事をすることもでき、雰囲気が良いです。

*ちなみに、Manjar(マンジャー)とは、「食べる」「食べ物」という意味の古語。

DSCN5968

昼はビュッフェ(一人69レアル)か、ドリンクのみ。
夜はアラカルトで、メインが70レアル程度でした。
DSCN5966

嬉しいことに、このお店では、ベレンの地ビール「アマゾン・ビール」
をメニューにおいてました。
「アマゾン・ビール」は、通常のピルセンの他、アマゾンの果実を使って
作ったビールなど、全部で7種類揃っていました。
DSCN5964

「プリプリオカ」という面白い名前のアマゾン野草を使ったレッド・エール。
DSCN5967