ブラジルの英雄イザキアス、愚か者に鉄槌を下す

日本ではおそらくあまり知られていないと思いますが、2016年のリオデジャネイロ五輪でブラジルの歴史を塗り替えた英雄イザキアス・ケイロス(Isaquias Queiroz)という選手がいます。彼は、カヌーの選手で、リオ五輪では男子カナディアンシングル1,000m、男子カナディアンペア1,000mで銀メダル、男子カナディアンシングル200mで銅メダル、合計3枚のメダルを獲得しました。単一のオリンピックで3枚のメダルを獲得した選手はブラジル史上初めてでした。メダル6つ獲得したアメリカの水泳選手と比較して、「ブラジルのマイケル・フェルプス」と呼ぶ人もいます。
2016-08-27_1609

水からワインに変わった人生

イザキアス選手は、オリンピック前と後では彼の人生は“水からワインに変わったようだ”と語っています。(イザキアス選手の例えは、ヨハネの福音書第2章1-12節のカナの婚礼でイエス・キリストが行った最初の奇跡から来ています。)

「オリンピックの前、ぼくのインスタグラムのフォロワー数は3,000くらいだったんだけど、1枚目のメダルを取った時に4,000に増えて、別の日はもう8,000になってた。また別の日には24,000に増えてた。うわっ!むちゃくちゃだって叫んだよ。以前は写真を載せると300位のいいね!がついてたけど、今は9,000位いいねがつくよ。まさに劇的な変化。ここまで変わるとは思っていなかったね。」

イザキアス、吠える

しかし、イザキアス選手の「ハネムーン」は早々に終わりを告げました。恋人であるラリッサさんが、イザキアス選手と交際を始める2年ほど前に、別の女性とキスをしていた動画があり、それがSNSで大炎上しました。イザキアス選手が出生地であるバイーア州のウバイターバ市に凱旋してからも、恋人への中傷や根も葉もない噂が止まなかったようです。これに激高したイザキアス選手は、ウバイターバ市のラジオ番組で、怒りをぶちまけました。

「ウバイターバ市には不愉快な連中がうようよしている。奴らは忍耐もないし、ぼくに対する尊重もあったもんじゃない。ウバイターバ市の人々にはもううんざりだよ。ぼくの恋人について悪く言う偽善者で、礼儀知らずの大勢の輩には我慢ならない。」
“Tem muitas pessoas ingratas em Ubaitaba. Que percam a paciência e o respeito por mim, porque já acabei com a paciência com o pessoal de Ubaitaba. Não vou aceitar que um monte de gente hipócrita, mal-educada, fique falando mal da minha namorada na rua”.

「ぼくの恋人がウバイターバの人々に一体何をしたっていうんだ?彼女がぼくに交際を申し込んだ訳じゃない。ぼくが申し込んだんだ。何も知らないくせに、ラリッサはああで、こうでと言う馬鹿な連中なんだ。大きなお世話だよ!SNSで彼女を売女と呼ぶ奴の多さには驚いた。怒りで身震いしているんだよ。もう、我慢の限界だ。」
“O que ela fez para as pessoas de Ubaitaba? Não foi ela que pediu para namorar comigo, não. Eu que pedi. Dizem que Larissa é isso, aquilo… Um monte de gente burra, que não sabe da vida dos outros. Um monte de gente, chamou ela de p… nas redes sociais. Estou tremendo de raiva. Já estou de saco cheio”

ブラジルでは、メダルを獲得した選手は地元に行き、凱旋バス乗って勝利の報告をしますが、イザキアス選手はウバイターバでの凱旋フェスタは行わないことにしました。

「関係のない人々には申し訳ないけど、もう我慢の限界だったんだ。とても気分が良くて、嬉しかったけど、自分の人生すら満足に生きられない愚かな人々がいるから、誰もぼくが凱旋バスで市内を回るのを見ることはないよ。絶対にね。本当に愚かだ。行進はしない。本当に、何もしないで家に帰るよ。怒るがいいさ、台無しになったってかまわない。何もないからな。関係のない人には申し訳ないけど、それが他人の悪口を言う代償だ。」
“Desculpe a quem não tem nada com isso, mas não estava aguentando. Estava de boa, feliz, mas por causa de imbecis, que não sabem cuidar da própria vida, ninguém vai ver Isaquias em carro aberto. Nunca fiz questão de sair de carro aberto. Por causa desses imbecis, não vou desfilar, não vou fazer p… nenhuma, vou pra minha casa. Fiquem com raiva, f…-se o resto. Não vai ter recepção, nem nada. Desculpem a quem não tem nada com isso, mas é o preço a se pagar por se falar mal dos outros”.

イザキアス選手は、興奮していくつか汚い言葉を発しています。また、ウバイターバ市民全員を批判しているようにも取れる発言でした。

しばらくして冷静さを取り戻したイザキアス選手は、ウバイターバ市民に向けて謝罪のメッセージを公表し、凱旋イベントを実施することを公表しました。これまで応援してくれた人がいるから、一部の人々のためにイベントをキャンセルするのが申し訳ないという考えに至ったということです。

今まで、一度も罪を犯したことのない者が石を投げろ

日本の芸能ニュースでも同じようなことがありますが、有名人が何か過ちを犯した時のネットの炎上の仕方が不思議でなりません。少年漫画の主人公のように全く裏表のない人間なんて存在しません。誰しも暗い過去だったり、人に話したくないことの一つや二つあるはずです。自分のことを棚に上げて、人を無神経に傷つけるようなことはしたくないです。

英雄イザキアス選手を中傷した人々は、ヨハネによる福音書第8章を読むといいと思うんです。

さて、イエスはオリーブ山に戻られましたが、翌朝早く、また宮にお出かけになりました。たちまち人々が押しかけ、黒山の人だかりです。イエスはゆっくり腰を下ろし、話し始められました。その最中に、ユダヤ人の指導者やパリサイ人が、寄ってたかって、一人の女を引っ立ててきます。彼らは、あっけにとられて見つめる人々の目の前に、女を突き出しました。

「先生。この女を見てください。不倫の現場でつかまったんですよ。モーセの法律では、こういう不届き者は石で打ち殺すことになってますが、どうしたものでしょう。」

こう言ったのは、何かことばじりをとらえて、訴えてやろうという魂胆があったからです。ところがイエスは、体をかがめ、指で地面に何か書いておられるだけです。けれども、彼らは引き下がりません。あくまで質問を続けます。そこで、イエスは、ゆっくり体を起こし、「わかりました。この女を石で打ち殺しなさい。しかしいいですか。最初に石を投げるのは、今まで、一度も、罪を犯したことのない者ですよ」と言われました。

そして、すぐにまた体をかがめ、地面に何か書きつけられました。すると、ユダヤ人の指導者もパリサイ人も、ばつが悪そうに、年長者から順に一人去り、二人去りして、とうとうイエスと女だけが、群衆の前に取り残されました。

イエスは体を起こし、女に言われました。「はて、あなたを訴えた人たちはどこにいますか。罰する人は一人もいなかったのですか。」

「はい、先生。」

「そうですか。わたしもあなたを罰しません。さあ、行きなさい。もう二度と罪を犯してはいけませんよ。

(ヨハネによる福音書第8章)

僕のこと考えて時間を無駄遣いしてると思うよ。

ぼくは、誰かに中傷されるような有名人では全然ないので、イザキアス選手のようにSNS等で嫌な思いをすることはないですが、身に覚えのない決めつけを受けて、気分を害することはまれにあります。誰かが熱心に中傷してきた時には、日系ブラジル人俳優マテウス・ウエタ君に見習うことにしています。

ニッケイ新聞の記事によると、フェイスブックで「ホモ」呼ばわりされたマテウス君は、次のように返したそうです。「そう? 僕はそう見えても全然平気だけど。でも、君にはそれが気に食わないんだね。僕のこと考えて時間を無駄遣いしてると思うよ。勉強でもして、ほかのこと気にした方がいいよ」
http://www.nikkeyshimbun.jp/2016/160622-03topics.html