ブラジル内陸部の乾燥地帯にあるオアシス、ホデアドウロ島

9月7日(月)はブラジルの独立記念日のため、今週は三連休です。今日は、ペトロリーナ市外から車で20分くらいの場所にあるホデアドウロ島(Ilha do Rodeadouro)という数少ない観光地に行ってきました。

ペルナンブーコ州の西端かつ内陸部にあるペトロリーナは、沿岸部にある州都レシフェから約700キロ内陸に所在しています。このペトロリーナには、ブラジルで最も重要な河の一つであるサンフランシスコ河が流れています。ホデアドウロ島はサンフランシスコ河の中州で、黄金色の砂浜と美しい河での淡水浴が楽しめることが特徴の観光地です。

ホデアドウロ島には、渡し船で行きます。
チケット売り場(↓)往復4レアル(約150円)
渡し船は、2つの会社が運航しているので、帰りは降りた場所と同じ場所で船に乗る必要があります。
DSCN6198

チケット売り場の横には飲み物販売商人がいて、呑み助たちは早速ビールを購入してました。
DSCN6200

この船に乗船しホデアドウロ島に渡ります。
DSCN6204

サンフランシスコ河は澄んだ緑色の美しい河です。
DSCN6205

船内
DSCN6207

ホデアドウロ島に到着しました。
IMG_4769

海辺の島に来たようです。
DSCN6209

海辺の砂浜と同じ、さらさらした砂です。
IMG_4759

淡水浴を楽しむ人々
DSCN6214

河畔には、パラソルが並んでいて、サンフランシスコ河で釣った新鮮な魚料理やアカラジェーが楽しめます。
DSCN6215

DSCN6216

三連休ということもあって、今日は非常に混雑していました。ぼくは12時頃に到着したのですが、暑すぎて淡水浴する気になれませんでした。次は、午前中の早い時間に行ってみたいと思います。