モーホ・ジ・サンパウロ歴史紀行

モーホ・ジ・サンパウロ(Morro de São Paulo)というビーチ・リゾートは、ブラジル・バイーア州でも有数の観光地のひとつです。バイーア州の州都、サルバドールの南に位置しており、船やバスなどで3~4時間ほどで行ける場所にあります。
2016-09-29_1351

モーホ・ジ・サンパウロは、カイル市のチニャレ島(Ilha de Tinharé)と呼ばれる島の北部に発展した地域の名前です。
2016-09-29_1351_001

観光客の主な目当ては、碧い海と美しい砂浜ですが、ここには歴史的な見どころも点在しています。その歴史は意外と古く、ブラジル発見と同じ1500年代に遡ります。

チニャレ島は、元々漁村だった島で、バックパッカーやヒッピーが発見して観光客にも広く知られるようになりました。ここら辺の経緯は他のブラジル北東部のビーチ・リゾートと同様です。この島が他のリゾート地と異なる魅力を持っているとすれば、それは島であるがゆえに外部からのアクセスが限られており、島の魅力に引かれて移住してくる人々と原住民の融合が独特な文化を形成している点にあると言えます。

チニャレ島の発見

モーホ・ジ・サンパウロの所在するチニャレ島は、カブラルがブラジルを“発見”してから約30年後の1531年に、ポルトガル人の航海士マーチン・アフォンソ・デ・ソウザ(Martin Afonso de Souza)が発見しました。
2016-09-29_2125

ポルトガルによる植民地時代において、ブラジルの行政区は「カピタニア」と呼ばれていましたが、モーホ・ジ・サンパウロは、カピタニアの一つである「イリェウス(Ilhéus)」に属していました。イリェウスの統治を委任されたフランシスコ・ホメロ(Francisco Romero)は、モーホ・ジ・サンパウロをカピタニアの本拠地として選びました。

モーホ・ジ・サンパウロという名前は、日本語訳すると「聖パウロの丘」という意味です。この名前は、前述のフランシスコ・ホメロが、この地を本拠地に決めた日が「聖パウロの日」だったからだとされています。名前の通り、モーホ・ジ・サンパウロには、灯台の立つ小高い丘があり、この地のシンボルとなっています。

タピランドゥ要塞

1630年になると、オランダ軍からの防衛のために、タピランドゥ要塞(Fortaleza Tapirandú)の建設が始まりました。夕日が沈むのを見るベストスポットとして知られており、チニャレ島を一周する旅行会社のツアーでは夕方に訪問して、夕日を見るプログラムが組まれています。
dscn6551

dscn6553

ペドロ二世も宿泊した「大きな家」

dscn6725

町の中心の広場には、大きな家(Casarão)と呼ばれる建物があります。この建物は1608年に建設されたもので、町で最も古い家です。ドン・ペドロ二世が、この地を訪れた際に宿泊したことでも知られています。現在でも、レストラン件ホテルとして営業しており、夕方は観光客で混雑しています。

完成に200年以上の年月を要した教会

dscn6607
町の中心にある教会(Igreja Nossa Senhora da Luz)は、1628年に建設が開始されたものですが、完成したのは200年以上後の1845年でした。

公衆給水所

dscn6420
島の人口が増えたので、1746年には、フランス人の設計のもと、公衆給水所(Fonte Grande)が建設されています。島民曰く、水道管が整備されたのは、つい最近であり、それまで島民はこの公衆給水所で水浴をしていたといいます。

灯台

dscn6626
1848年には近隣の町(ヴァレンサ)へのアクセスを容易にするために灯台の建設が開始されています。教会の前の道をひたすら登って行くと、灯台の下まで行くことができます。
dscn6624
急こう配の階段を登るのは大変ですが、丘の上から見る島の風景(↓)が素晴らしいので、行く価値ありです。

dscn6636

ドン・ペドロ二世の訪問記念の門

dscn6546
1859年にはドン・ペドロ二世が島を訪問しており、記念として島の入り口に門(Portaló)が立てられました。船で島にやってきた観光客は、必ずこの門を通ります。

漁村から観光地に変貌を遂げる

かつて島民は漁業で生計を立てており、1970年代まで島には電気がありませんでした。島に電気が来たのは1985年のことでした。

1970年代に、夏の休暇で人々が島を訪れるようになりました。彼らは、漁師の家を借りていたのですが、その内に自分の別荘を建設するようになりました。その後、バックパッカーやヒッピーが島の魅力を発見すると、口コミなどで島の美しさが知られるようになりました。その後、島は開発が進められ、現在のようなバイーア州指折りのビーチ・リゾートに変貌を遂げたのです。
.
町の中は、車両通行禁止になっており、治安も良いのでネジを緩めてリラックスするには最高の場所です。

原始的な交通手段
dscn6421

モーホ・ジ・サンパウロ紀行【まとめ】
ブラジルでは非常に有名な観光地なのに、日本のガイドブックには名前すら載っていないような観光地が沢山あります。ここで紹介するモーホ・ジ・サンパウロ(Morro de São Paulo)もそのうちの一つです。 サルバドールからの行き方 バイーア州の...