ブラジル運転免許の更新方法

ブラジルの運転免許は有効期限が5年間です。今般、有効期限が近づいてきたので、免許の更新をしました。

筆者がブラジルで取得した免許。写真はすり替えております。

外国人がブラジルの運転免許を作成する場合、州都の交通局(DETRAN)に出向かなければなりません。筆者はペルナンブーコ州の田舎に住んでおりますので、免許取得のために州都レシフェまで行かなければならず、面倒でした。

しかし、運転免許の再発行や更新の際には、わざわざ州都まで行かなくても済むらしく、新規取得時に比べるとハードルが低いです。筆者の経験に基づき、ブラジル免許の更新に必要な手続きをご紹介します。

1.交通局のサイトで免許更新の申し込み

まず、ペルナンブーコ州の交通局(DETRAN)のサイトにアクセスし、納税者番号や生年月日などを入力し、免許更新の申し込みをします。Googleで「Renovação da CNH DETRAN XX」と検索すれば、該当するページが出てきます。XXの箇所には、お住まいの州のUFを入れてくださいね。知り合いのブラジル人に一緒に見てもらうと安心です。

DETRANのサイトで、写真撮影、指紋採取の日次と身体検査の日時を選びます。都合のいい日を選択し手続きを進めると、免許更新手数料160レアル(約5600円)を記載した振込依頼書(Boleto)が印刷できます。この振込依頼書は、その日のうちに振り込む必要があります。

筆者が利用しているイタウ銀行のインターネットサイトにアクセスし、振込依頼書の手続きを実行しました。身体検査の時に振込証明書(Comprovante)を見せろと言われますので、証明書を印刷しておきます。

2.指定した日時に交通局に行く


土曜日の午前中に、書類を持ってDETRANに出向くと、暇そうな太ったおばちゃんが対応してくれました。質の悪そうなデジタルカメラで、パッとしない顔の証明写真を撮影し、その後、両手の指紋を一本ずつ丁寧にスキャナーで採取されます。DETRANで必要な手続きは以上です。10分もかからずに終わってしまいました。

3.指定した日時に身体検査に行く

平日の午後に、身体検査に行きました。到着したのは、DETRAN専用の医者が居るクリニックでした。フレンドリーな医者は、血圧を測り聴診器で心音を調べると、簡単な視力検査を済ませると、「ンッ、問題ないね」といって、あっけなくハンコを押してくれました。医者曰く、翌日にはDETRANで免許が出来ているとのこと。一時間待たされましたが、診察はものの5分で終わりました。

ブラジル免許取得の時は相当苦労しましたが、免許更新の時はあまりにも簡単すぎて拍子抜けしました。しかし、ここはブラジル。気を抜いたときにしっぺ返しが来ます。

4.学科テストが必要?

身体検査も終わり、買い物ついでにショッピングセンターのDETRANに出向くと、まだ新しい免許が出来ていませんでした。受付の若者は、しばらくパソコンをカタカタやっていましたが、断念して彼の上司に確認に行きました。

10分後に戻ってきた若者からは、「あなたの場合、学科試験を受けなければならない」と言われ、17レアルの手数料が書かれた振込依頼書を渡されました。そして、「今日はテストを受けられないので、月~金の午前中にまた来い」と言われました。

月曜日に、親族がDETRANで勤務している同僚のブラジル人にこの件を話すと、数年前に制度が変更になったらしく、学科試験を受けなければならないそうです。DETRANのウェブサイトで、実際の問題を受験することができると言うので、パソコンにインストールしてテストを受けてみました。

サンパウロ在住の場合は、DETRAN SPのサイトからオンラインで模試が受けられます。その他の州の方はGoogleで「Prova Eletrônica DETRAN」で検索すると該当するサイトを探せます。

この学科テストは、ブラジルの交通ルールなどを四択で選ぶというテストです。30問の問題を30分で完了しなければなりません。合格には、21問以上正解する必要があります。普段使わない語彙が多く、辞書を引きながら回答したのですが正答数18問で、不合格になってしまいました。

身体検査まで楽勝だったので、ナメていましたが、事前に模擬試験を受けていなければ間違いなく撃沈していたと思います。

本番の試験を受ける前に、自宅のパソコンでDETRANの試験を5回受けました。さすがに、5回も模試を受けると頻出の言い回しが頭に入ってきます。交通関係の語彙を増やすとともに、高得点を狙うなら、消火器の種類や、消防署や警察の電話番号も頭に入れておくと良いです。DETRANの試験問題の回答に、面白いものが結構あったので、これについては別途以下の記事でご紹介しています。

ブラジル免許取得のための学科試験が面白い
先日、ブラジルの免許更新のため学科試験を受けたのですが、問いに対する回答を読むと思わず笑ってしまうような変なものがいくつもあったのでご紹介します。日本語に翻訳してしまうと、本来の面白みが若干損なわれてしまう気がするので、わかる方はポルトガル語でお読み...

筆者の場合、辞書で単語を引きながら受けた模試の結果は、以下のように推移しました。18点→21点→21点→23点→23点。合格点は21点以上なので、初回は不合格でしたが、2回目以降はギリギリ合格ラインでしたので、本番に臨みました。

本番の試験はDETRANにおいてあるパソコンで受験します。自宅のパソコンで受けた模試と全く同じ形式だったので、落ち着いて受験でき、何とか24点取ることができました。免許ができるまでに10日間ほどかかるとのことでした。

ブラジルで運転免許を取得する方法
ブラジルで運転免許を取得する際には、日本の運転免許証を持っていれば筆記試験が免除されます。ブラジルで運転免許証を取得するための方法をまとめました。 州や法律によって変更されるかもしれないので、事前にDETRANやデスパチャンチにご確認くださ...