ブラジルにはゲイを意味する俗語が60個ある!

ブラジルでは、男は男らしくあるべきと言う価値観が強いため、ゲイに対する差別意識が強い国のように思います。そのせいか、「ゲイ」を意味する俗語が山のようにあります。ブラジル人に教えてもらったものをいくつか紹介します。

ポルトガル語 読み方 本来の意味
 Veado  ヴィアード  鹿
 Veadinho  ヴィアジーニョ  小鹿
 Frango  フランゴ  若鶏
 Fresco  フレスコ  おしゃれな
 Boneco  ボネッコ  人形
 Bicha  ビッシャ  メス
 Boiola  ボイオーラ  N/A
 Goiaba  ゴイアーバ  グアバ(果実)
 Paneleiro  パネレイロ  N/A

この記事を書くに当たって、ウェブでゲイの同義語を調べたところ、なんと60もの同義語が出てきました!語彙が豊かすぎる…。フランゴ、ボネッコは分かりますが、なぜゴイアーバがゲイを意味するのか?気になって眠れません。Paneleiroは辞書には載っていないので、造語だと思います(Panelaは「尻」、-eiroは「~する道具」という意味。)

アヒルの絵が描いてあるTシャツ

ところで、ブラジル人は、日本人から考えたら失礼と思うようなことをストレートに言ってきます。

学生の頃、日本の友人達から誕生日プレゼントとして「アヒルの絵が描いてあるTシャツ」をもらいました。ちょっと可愛らしいデザインではありますが、日本だったら男性が来ていても全然問題なさそうなTシャツです。

ある時、そのTシャツを着ていた時に、Tシャツを見たブラジル人の友人から「おっ、お前、“フランゴ”みたいな服きてるな~」とからかわれてしまいました。

「失礼な!フランゴなんかじゃないぞ。おれは、ボネッコ(おかま)さ。」
と言い返したら、そのブラジル人は「Você não é japonês! mas japonês paraguaiano!」
(お前は日本人じゃない。パラグアイ製(偽物)の日本人だ!)と言って心の底から喜んでいました。

その日から、例の「アヒルの絵が描いてあるTシャツ」はタンスの奥に仕舞われたままです。あなたももしかしたらブラジル人から「フランゴ」だと思われているかも!?

ちなみに、レズビアンの同義語は63個あり、有名なものは「Sapatão(大きな靴)」ですが、「(サッカーの)センターバック」など、聞いたこともないような表現もありました。また、くだらない語彙を増やしてしまいました。

ブラジル人はパラグアイ人を見下しているのか。
パラグアイの日本人 この間、日系二世の女性に「日本語は話しますか?」という質問をしたところ、 「昔は理解したけど、もう長いこと使っていないから忘れてしまった。  わたしは、パラグアイの日本人なんです。」 という回答が返ってきました。 ...