ガリガリ君の値上げ謝罪CMはブラジルでも話題に

1981年に発売開始されたアイス『ガリガリ君』が、2016年4月1日出荷分から10年値上げして、価格が70円になりました。価格改定は1991年以来25年ぶりです。
garigari-kun

会長を筆頭とする従業員が値上げを謝罪

赤城乳業のホームページには、「25年間 踏ん張りましたが、『ガリガリ君』を10円値上げいたします。」との特設ページが設けられている他、4月1日、2日限定で放映されたテレビCMでも会長をはじめとする従業員が頭を下げて謝罪する姿が話題を呼んでいます。
ガリガリ君の値上げを謝罪するCMが大反響 / ネットの声「これは責められないよなあ」「そんな悲しい顔しないで!」

ブラジル人の反応

このニュースはブラジルにも届いており、ニュースを見たブラジル人が、「日本人は変な民族だよなあ。」と感心していました。ブラジルでは、2015年のインフレ率はおよそ10%でした。ぼくも日々の買い物を通して、製品の値段がじわじわと上がっていくのを感じています。価格が上がるのが当たり前であるブラジル人からすると、25年も同じ値段を維持してきたというだけで驚きですし、たった10円値上げするだけで会長以下従業員が頭を下げる姿は驚きを通り越して、別の生き物を見るような感覚になるようです。「値上げ」の歌もあるよ、と教えてあげたら爆笑していました。
Fabricante divulga “vídeo de desculpas” por aumento de ¥ 10 em sorvete

どうでもいいですが、ぼくはガリガリ君を食べると歯がキュッキュッと音をたてるのが嫌いなので、大人になってからは食べた記憶があまりありません。