ベレンの街中にあるジャングル、エミリオ・ゴエルジ博物館

エミリオ・ゴエルジ博物館(MUSEU PARAENSE EMÍLIO GOELDI)は、
コンクリートの建物が多いベレンの町の中心に突如出現するジャングル博物館です。
1866年に作られた歴史ある博物館で、アマゾンの生態系を知ることができます。

高い塀で囲まれた敷地内には、アマゾン特有の植物が植えられ、
多くの動物を見ることができます。
「博物館」というより「植物園」&「動物園」と考えたほうが良いかもしれません。

エミリオ・ゴエルジで見られる動物

博物館の目玉は、入り口を入って右手に居るオンサ(=ジャガー)。
DSCN5877

アンタ(ANTA)と呼ばれるバク。
DSCN5852

巨大なワニ
DSCN5858

サル
DSCN5854

敷地内は小型犬くらいの大きさのネズミ(リス?)のような動物が
放し飼いにされています。
DSCN5839

カメ
DSCN5860

エミリオ・ゴエルジで見られる植物

入り口を入って右奥には、オオオニハスが浮かぶ池があります。
DSCN5867

DSCN5869

DSCN5868

幹に鋭いトゲの付いたアマゾンらしい植物も見られます
これを棍棒にしてひっぱたかれたら相当痛そうです。
DSCN5879

とにかく、背が高くて立派な植物が多いです。
DSCN5837

その他の展示

博物館の入り口を入ってすぐの場所には
インディオの生活を知ることができる展示があります。
DSCN5826

水族館もありましたが、残念ながら閉鎖中でした。
DSCN5878

小さい城
DSCN5828

注意事項

緑に囲まれていて、一見涼しげですが、周りが塀に囲まれていて
風が吹かないためか、施設内は非常に暑く感じました。

こまめに水分補給をし、熱中症にならないように
気を付けたほうが良いかもしれません。

あわせて行きたいナザレ大聖堂

エミリオ・ゴエルジ博物館から徒歩10分の場所に
ナザレ大聖堂(BASÍLICA DE NAZARE)というルネッサンス様式の教会があります。
DSCN5894

教会内は静寂とした空気で満ちており、お祈りをする人がいるかと思えば、
昼寝をする人もちらほら見かけました。

コインを入れると、電気のろうそくが灯る機械。
1レアルでも10セントでも硬貨であればちゃんと明かりがつきます。
DSCN5891