ブラジル人に教えてあげると抱腹絶倒してしまう危険な日本語①

日本語の発音には、ブラジル人からすると面白い発音が沢山あるようです。
今日はそのうちの2つをご紹介しましょう。

その1.化学

日本に行ったことのあるブラジル人が言いました。

「日本語ってホントに変な単語が多いよね。”きみか”なんて最高。」

「きみか?」きみかの何が面白いの?

日本語にしたら、化学。別に可笑しいことなんて、ひとつもないじゃん。

うーん、カガク、カガク、カガーク…。

…と何度か復唱していたら、「はあっ!!」と気が付いてしまいました。

白水社現代ポルトガル語辞典より。
cagar(カガー) 自動詞 【卑語】糞をする
cu (クー)  男性名詞【卑語】尻〔の穴〕
a61a30f87277c07d82e71ad2106d6004_s

その2.九時半

日本人A  「今何時?」
日本人B  「ああ、九時半だよ。」
ブラジル人「えっ?くじはん??」
日本人B  「うん、くじはん。」

ブラジル人「ク、ク・ジ・ハンって!!(爆笑)」

白水社現代ポルトガル語辞典より。
cu(クー)   男性名詞【卑語】尻〔の穴〕
de(ジ)   ~の(英語のofに相当)
ra (ハン)  カエル
c9b92ebc3c40c955435b3386cf39d384_s

とにかく、ブラジル人は「クー」と付く日本語に弱いので注意してください。
この前なんかは、「シンジュク」とか「ナカノ」でウケてました。