日本人がブラジルで勘違いされるしぐさ

ブラジルに来た日本人が日本と同じしぐさをすると、ブラジル人に勘違いされることがあります。良くある勘違いを二つ紹介します。

オッケーサイン

日本人のオッケーサインは、親指と人差し指で輪を作りますが、これはブラジルではcu(尻の穴)という意味になるようです。これを見せられたブラジル人には、中指を突き立てた「fポーズ」をされるのに近い衝撃が走るかもしれません。無意識のうちにブラジル人を馬鹿にしてしまうことにもなりかねないので、ブラジルでオッケーサインを出すときには親指を立てたグーサインが良いです。

うなずき

日本では、否定疑問文の回答において、首を縦に振ることがありますが、これは世界的にも変わっているしぐさらしいです。例えば、「ごはんたべる?」という疑問にたいして、「うん、食べる」と言って首を縦に振るのはいいのですが、「ごはんたべないの?」という否定疑問に対して「うん、食べない」といって首を縦に振るのはブラジル人には理解できないのです。この場合、食べ”ない”と言っているのだから、首を横に振らなければ伝わらないのです。

パスタをすする

日本では、麺類は音をたてて食べても良いことになっていますが、ブラジルでは他の多くの国同様にNGです。ブラジル人も、パスタ(macarrão)を好んで食べますが、食べ方が面白いです。日本人のようにフォークにぐるぐる巻きつけるのではなく、ナイフとフォークで細かく切り刻んでから、ご飯やフェイジョン豆と一緒に口に運びます。フォロッファ(キャッサバの粉)をまぶして食べることもありますが、これがなかなかイケます。

【番外編】女握り

figa
人差し指と中指の間に親指を挟んで作る握り拳、いわゆる女握り(めにぎり)は、日本ではタブーとされていますが、ブラジルではfiga(フィガ)と呼ばれ、幸運を呼ぶお守りと考えられています。お土産屋に行くと、木彫りのfigaが沢山並んでいてギョッとすることがありますが、これは幸運のお守りなのでご安心を。