アサイーのビールを飲んでみた

ブラジル料理

出張でベレンに来ています。今日は倉庫を改装したお洒落な施設、Estação das Docas(エスタサン・ダス・ドッカス)に行ってきました。

この施設では、アマゾンの果実を使って作ったビールを飲ませるアマゾンビールというレストランがあります。

今日は、日本でも人気のあるアサイーのビール(STOUT AÇAÍ)を飲んでみました。アサイーのビールは、名前を聞いただけでおいしくなさそうです。メニューに書いてある説明書きを読んだら、ますます飲みたくなくなりました。

このビールは、コーヒーの香りと味、トフィー(バターと共に糖蜜または砂糖を加熱して作る菓子)、チョコレート、焙煎したモルト、アサイーエキスを使用したスタウトビール(黒くなるまでローストした大麦を使用し、上面発酵によって醸造されるもの)です。この黒ビールは、ブラジルビールコンクールで、ブラジルで最良のビールに選ばれました。固いチーズ、生ハム、チョコレートデザート、赤い果実などに合います。

いかがでしょうか。読んだだけでまずそうじゃないですか?
とはいえ、一度も飲まずに批判するのも良くないと思い、経験として飲んでみることにしました。

飲んでみたところ、アサイー特有の泥臭さはあまり感じませんでした。ちょっとフルーティな黒ビールという感じで、飲めないことはありませんでした。トフィー、チョコレートと書いてあったので、甘いのかと思いきや普通に苦いビールでした。でも、多分もう二度と注文することは無いと思います。

アマゾンビールは、アマゾンの果実を使ったビールが有名なのですが、ベレン在住の人は普通に大麦とホップで作ったビール(FOREST)しか飲んでいませんでした。アサイービール同様、一度飲んだらもういいやってなるんでしょうね。

ちなみに、アマゾンビールの名物はビール以外にも、リンギッサ・デ・メトロ(Linguiça de Metro)という料理があります。直訳すると「1メートルのソーセージ」という意味で、その名の通り、1メートルのソーセージを半分に切ったものです。中にはチーズが詰まっていて、なかなかの高カロリーです。

アサイーは魚フライと食べるのが本場アマゾン流

アマゾンの主食プップーニャは、アサイーの仲間

ベレンの魅力を凝縮した施設「エスタサン・ダス・ドッカス」



ブラジル余話の更新をメールでお知らせ

メールアドレスをご記入頂ければ、サイトの更新をメールでお知らせいたします。ご登録して頂けると嬉しいです!(登録後の購読の解除も簡単にできます)