「 ブラジル旅行案内 」一覧

リオに行ったら絶対行くべき「明日の博物館」

リオに行ったら絶対行くべき「明日の博物館」

リオデジャネイロといえば、キリスト像のあるコルコバードの丘と、ポン・ジ・アスーカルの丘にケーブルカーで登るのが定番です。 先日、リオデジャネイロへ旅行で行ってきました。有名な二つの観光スポットを見た後に余った時間に、最近できたばかりの「Mu...

青く澄んだ海と天然プールのマラゴジ

青く澄んだ海と天然プールのマラゴジ

サンパウロへ出張に行った際にはリベルダージにある「Yahiro」という日系人の経営する理髪店に通っています。この理髪店では、タカラベルモントのアンティークな椅子が現役で使われており、店内も昭和にタイムスリップしたかのようなレトロな雰囲気があるんです。...

南緯8度のスイス、グラバタ(Gravatá)二泊三日旅

南緯8度のスイス、グラバタ(Gravatá)二泊三日旅

南緯8度というと、インドネシアのバリ島とほぼ同じ緯度なんですが、ブラジルのペルナンブーコ州はその南緯8度に位置しています。で、そのペルナンブーコ州の州都レシフェで花を買った時に、ふと素朴な疑問を思いました。年間平均気温が27℃で、30度を超えることも...

アマゾンの怪魚ピラルクより巨大な魚が居た!?ピラニアやピラルクの名前の由来

アマゾンの怪魚ピラルクより巨大な魚が居た!?ピラニアやピラルクの名前の由来

日曜日の朝、NHK大河ドラマ『真田丸』を視た後、テレビをつけっぱなしにしておいたら、偶然NHKスペシャル『大アマゾン』最後の秘境という番組が放送されているのを発見しました。ジムに行くつもりだったのですが、『大アマゾン~伝説の怪魚と謎の大遡上~』と聞い...

【歌う石】イタマラカ島の見どころ、歴史ガイド

【歌う石】イタマラカ島の見どころ、歴史ガイド

インディオの言葉で、「歌う石」という意味を持つ、イタマラカ島はレシフェの北45kmの場所にあるレシフェ近郊の有名なビーチリゾートです。 日本人にはあまり知られていないイタマラカ島ですが、ブラジルの歴史を語る上で重要な場所でもあります。 イ...

イタマラカ島の海岸で過ごす素朴な休暇。

イタマラカ島の海岸で過ごす素朴な休暇。

レシフェ空港から北におよそ60kmほどの場所にあるビーチリゾート、イタマラカ島(Ilha de Itamaracá)という所に行ってきました。自分としては、イタマラカ島の歴史などに興味があるのですが、まずはどのような場所なのかということをご紹介します...

ブラジルで最も人気のない世界遺産

ブラジルで最も人気のない世界遺産

ブラジルには19の世界遺産がありますが、その中でもおそらく最も来客数の少ない世界遺産は、「セラ・ダ・カピバラ国立公園(o Parque Nacional Serra da Capivara)」だと思います。 セラ・ダ・カピバラ国立公園の訪問...