「 ブラジル関連 」一覧

チャオの由来は「私はあなたの奴隷」

チャオの由来は「私はあなたの奴隷」

ブラジルで「チャオ(Tchau)」は人と別れる時に良く言うフレーズです。「バイバイ」と同様に単語を重ねて「チャオチャオ」と言うこともあります。 この表現はイタリア語のチャオ(Ciao)に由来しており、20世紀の初めにイタリア人移民が使い始めたこ...

ブラジルのレストランで見られる妙な光景

ブラジルのレストランで見られる妙な光景

ブラジルのレストランで良く見かける光景をまとめてみました。 ビールがシャツを着ている ブラジル人は冷えたビールに対するこだわりが世界で最もつよい民族のひとつだと思います。レストランで瓶ビールを頼むと、発泡スチロールとプラスチックでできた容器に入っ...

ブラジルでは日本語でサインしよう

ブラジルでは日本語でサインしよう

ブラジルに住むと書類(契約書、小切手、申込書等)にサインをする機会が増えます。筆者も筆記体でクールな署名を書けるようになりたいと思い、色々なサインを参考にして自分のサインを決めました。 サインは日本語で書いたほうがクール? 先日、夫婦で旅行先のホ...

日本語になったポルトガル語の単語

日本語になったポルトガル語の単語

日本を初めて訪れたヨーロッパ人は1543年に種子島に漂着したポルトガル人であると言われています。その後、1540年代から一世紀に渡って南蛮貿易が行われ、ヨーロッパやアジアの産品が日本に持ち込まれました。この時に、ポルトガル商人によって持ち込まれた商品...

アラビア語に影響を受けたポルトガル語

アラビア語に影響を受けたポルトガル語

かつてポルトガルは500年弱に渡ってイスラムの支配下にありました。8世紀に北アフリカからイスラム教徒のムーア人(ベルベル人)がジブラルタル海峡を渡り、ポルトガルを含めたイベリア半島を支配下に置きました。イスラムの支配は、1139年に起こったオーリケの...

ブラジルの国際派アーティスト、ロメロ・ブリット

ブラジルの国際派アーティスト、ロメロ・ブリット

ブラジルのペルナンブーコ州レシフェ生まれのロメロ・ブリット(Romero Britto)は、マイアミで活動する国際派ポップ・アーティストです。筆者がレシフェを初めて訪れた時、ホテルの部屋に彼のデザインした絵のレプリカが掛かっていました。その時は何だか...

旅先で洗濯物が生乾きにならないワザ

旅先で洗濯物が生乾きにならないワザ

旅行の際に頭を悩ませるものの一つに、旅先での着替えの問題があります。旅先でTシャツや下着を手洗いした経験は誰にでも一度はあるのではないかと思いますが、部屋干ししておくと風通しが良くない上に、脱水が不十分なので、生乾きの嫌な臭いが出てしまいます。 ...