「 ブラジル関連 」一覧

『大邸宅と奴隷小屋』を原書で読む

『大邸宅と奴隷小屋』を原書で読む

日本のブラジル関連の本を読むと、ジルベルト・フレイレ著『大邸宅と奴隷小屋(原題:Casa-Grande & Senzala)』という本が頻繁に登場します。なぜブラジルは他の南米諸国と比べて混血が進んだのかという点に興味があったので、一度読んで...

リオ出身の人は何故カリオカ、フルミネンセと呼ばれるのか?

リオ出身の人は何故カリオカ、フルミネンセと呼ばれるのか?

サンパウロ州生まれの人は「パウリスタ」、バイーア州生まれの人は「バイアーノ」、ミナスジェライス州生まれの人は「ミネイロ」と呼ばれます。これらの州では、そこで生まれた人を呼ぶのに州の名前が少し変化した表現を使います。しかし、リオデジャネイロ州の出身の場...

ブラジルの語源になったパウ・ブラジル

ブラジルの語源になったパウ・ブラジル

ブラジルの国名は、「パウ・ブラジル(Pau-brasil)=ブラジルの木」に由来すると言われています。パウ・ブラジルは日本語では「蘇芳(すおう)の木」と呼ばれるマメ科の落葉植物です。パウ・ブラジルの心材はブラジリンと呼ばれる色素を含み、これを煎じた汁...

ジョンペッソーアの観光案内

ジョンペッソーアの観光案内

2泊3日でジョンペッソーア旅行に行ってきました。ジョンペッソーアは、レシフェから車で2時間ほど走った場所にあり、レシフェと比べると穏やかで物価も安くていいところだという話を何人かの人から聞いていました。実際に足を運んでみると、前評判に違わぬ素晴らしい...

ジョンペッソーアの有名な夕日クルージングツアー

ジョンペッソーアの有名な夕日クルージングツアー

アメリカ大陸で最初に朝日が昇る町、ジョンペッソーア(パライーバ州の州都)では船の上でラヴェルの『ボレロ』を聴きながら夕日を眺める有名なクルージングツアーがあります。ジョンペッソーアから車で20分ほど北上した場所に「プライア・ド・ジャカレ(Praia ...

レシフェ・オリンダのポルトガル語学校-その1レシフェ

レシフェ・オリンダのポルトガル語学校-その1レシフェ

知人がレシフェ・オリンダ近辺でポルトガル語を勉強する可能性が出てきたので、事前に下調べをしてみました。ウェブ検索したところ、検討に値しそうな学校が2個所見つかりました。その一つは、レシフェのボア・ヴィアージェン海岸、もう一つは、オリンダの海岸近くにあ...

パライーバ州旗に隠されたジョン・ペッソーアの歴史

パライーバ州旗に隠されたジョン・ペッソーアの歴史

ブラジルには26の州と1つの連邦直轄区があります。26の州のひとつ、パライーバ州の州都に、ジョン・ペッソーア(João Pessoa)という変わった名前の都市があります。「ジョン」というのはブラジルではよく見かける人名です。「ペッソーア」というのは、...