「 ポルトガル歴史 」一覧

5分で分かるポルトガル王国誕生の歴史(後編)

5分で分かるポルトガル王国誕生の歴史(後編)

前編では、711年に北アフリカから攻めてきたイスラム勢力が、西ゴート王国を滅ぼし、イスラム王朝の「後(こう)ウマイヤ朝」を開いたところまで書きました。後編では、土地を追われた西ゴート族が国土回復運動を展開し、その過程で初代ポルトガル王が誕生する経緯を...

5分で分かるポルトガル王国誕生の歴史(前編)

5分で分かるポルトガル王国誕生の歴史(前編)

ポルトガル王国が産声を上げたのは割と最近(?)の1143年のことです。日本でいうと平安時代末期の頃で、平清盛、源義朝はこの時20代でした。 この記事では、無謀にもポルトガル王国誕生までの歴史を5分で理解できるように簡潔にまとめることを試みてみました...

神秘的!男根の聳えるサントメ‐プリンシペの歴史

神秘的!男根の聳えるサントメ‐プリンシペの歴史

サントメ‐プリンシペ(São Tomé e Príncipe)はギニア湾あるサントメ島とプリンシペ島からなる共和国で、ポルトガル語が公用語です。ブラジルと同様にポルトガル語が公用語であるということで、どんな島なのか調べたところ、島の南に巨大な男根のよ...

最初の熱帯ヨーロッパ、カーボベルデ諸島

最初の熱帯ヨーロッパ、カーボベルデ諸島

アフリカのセネガルから西に500kmほどの場所にあるカーボベルデ共和国は、火山活動により形成された10の島と5つの小島(無人島)からなる国です。ポルトガル人により発見され、四世紀もの間ポルトガル領としての歴史を刻みましたが、1975年にはポル...

大航海時代の重要な寄港地、アゾレス諸島

大航海時代の重要な寄港地、アゾレス諸島

大航海時代において重要な役割を果たしたポルトガルの領土に、アゾレス諸島があります。ポルトガル語では、アーキペラゴ・ドス・アソーレス(Arquipélago dos Açores)と発音されることから、日本語でも「アソーレス諸島」と表記される場合があり...

ブラジル砂糖産業のルーツ、マデイラ諸島

ブラジル砂糖産業のルーツ、マデイラ諸島

アフリカ北部モロッコの西500kmほどの場所に、マデイラ諸島というポルトガル領の島があります。 最も大きいのはマデイラ島で、その北東部にポルトサント島があります。この2つには人が住んでいますが、その他にもデゼルタス島(Desertas)...