サンフランシスコ河畔の緑が気持ちの良いレストランで「ナマズ」を食べる。

ぼくの住んでいるペトロリーナという町は、ブラジル北東部の細長い州
ペルナンブーコ州の海岸から内陸に700kmくらい行った場所にあり、
ブラジル東南部のミナスジェライス州に源流を持つサンフランシスコ河の畔にできた町です。

このペトロリーナの町から川沿いに車を15分ほど走らせた場所にある
「Carranca Gulosa」という郷土料理を出すレストランに行ってきました。

サンフランシスコ河に面したこのレストランは緑が多くてのどかな雰囲気が売りで、
都会では味わえない贅沢な時間が楽しめます。

エントランス

DSCN5713

エントランスの「カハンカ」

カハンカというのはサンフランシスコ河の守り神で、ペトロリーナの代表的な民芸品です。
DSCN5714

庭もあって、子供が遊べるようになっています。

DSCN5715

庭にいた野生のイグアナ

DSCN5724

店内

DSCN5716

ペルナンブーコらしい粘土細工

DSCN5717

ペルナンブーコのアンティーク家具

DSCN5718

店内にはワインショップも併設されています

サンフランシスコ河中流域ではワイナリーがあり、主に地元ワインが販売されています。
DSCN5719

DSCN5722

これは、ブドウから作ったシャンプー、ローションなど

DSCN5720

バイーア風ナマズ料理(エビソースかけ)

DSCN5732
サンフランシスコ河でとれたナマズをバイーア風に味付けしたもの。
ソースはエビをピューレにしたもので、うまみが凝縮されています。
フェイジョン豆、バタパー、ファロファをかけて食べます。

デザートは、パイナップルのコンポート、アイスクリームのせ

パイナップルは温かく煮詰めたもので、アイスクリームの冷たさと
パイナップルの温かさが舌の上で絶妙な味わいを引き出します。
黒蜜とのハーモニーがたまりません。
DSCN5733

庭にある大木

DSCN5736

自然とペルナンブーコの文化の融合が同時に楽しめる素敵なレストランでした。
癒されてなんだか少し寿命が延びたような気がします。