ブラジル人の不思議な名前「ハゲ知識」

日本人は子供が生まれた時に、あれこれ考えて慎重に名前を付けると思いますが、ブラジル人の名前の付け方を見ていると、信じられないと感じることがしばしばあります。

あだ名を本名に?

ブラジルで多い名前のひとつに、フランシスコ(Francisco)という名前があり、2010年のIBGEの調査では1.7百万人いることが分かっています。ブラジルでは、このフランシスコさんを「シッコ(chico)」という愛称で呼ぶことが一般的です。ミナスジェライス州に水源を持ち、5つの州を流れるサンフランシスコ河(Rio São Francisco)もまた、愛称としてヴェーリョ・シッコ(Velho Chico)≒シッコじいさんと呼ばれています。フランシスコという男性は、あだ名のシッコから派生して、「シッキーニョ(chiquinho)」と呼ばれることもあります。また、女性のフランシスカの場合は、シッカの愛称で呼ばれます。

ミュージシャンのシッコ・セザー(Chico César)、シッコ・ブアルキ(Chico Buarque)等は、本名のフランシスコではなく、愛称のシッコの方が定着しています。面白いことに、愛称であるはずの「シッコ」を本名にしている人も1,023人おり、さらには「シッキーニョ」という本名を持つブラジル人も87人いました。ブラジル人の名前に対するゆるい考え方がにじみ出ていて面白いです

ついでながら、ベアトリス(Beatriz)はビア(Bia)と呼ばれ、エドゥアルド(Eduardo)はドゥダ(Duda)と呼ばれるなど、他にも一般的な愛称が沢山あります。

サッカー選手の愛称

ブラジルのサッカー選手は愛称が有名すぎて、本名を聞いてもピンとこないことが有ります。有名な愛称には例えば、サッカーの王様ペレ(Pelé)、ジーコ(zico)、ドゥンガ(Dunga)、チッチ(Tite)、カフー(Cafu)等があります。

例えば、ペレ(Pelé)の本名は、エジソン(Edson)です。彼の本名は発明王のトーマス・エジソンからとっています。トーマスではなく、エジソンを名前にしたところがブラジル人らしいです。エジソンが子供の頃、彼は父親が応援していたチームのゴール・キーパー、ビレー(Bilé)のファンで、サッカーをしているときによくビレーの名前を口にしていました。エジソンが「ビレー」の名前を出すときに、友人たちは彼が何を言っているのか理解できなかったといいます。友人たちは、エジソンをからかって、ペレと呼ぶようになったそうです。

かつて、サッカーブラジル代表にカレッカ(Careca)という選手が居ました。彼の本名はアントニオですが、道化師のカレキーニャのファンだったので、カレッカというあだ名が命名されました。カレッカは「ハゲ」という意味です。プロサッカー選手に「ハゲ」という名前を付けてしまう発想は、日本人からは絶対に出てこないでしょう。ついでながら、IBGEの統計で調べたところ、カレッカ(Careca)という名前の人が70人もいました。

カレッカ・ネタでもう一つ。先日、テレビを見ていたら「レアンドロ・カーナルのハゲ知識(CARECA DE SABER COM LEANDRO KARNAL)」という番組を放送していました。レアンドロ・カーナル氏はスキン・ヘッドの大学教授で、有名な歴史家、哲学者です。その番組は、コントではなく、真面目な番組でした。カレッカ・デ・サベー(CARECA DE SABER)というタイトルが強烈すぎて脳に焼きついてしまいました。

レアンドロ・カーナル
どこからどう見ても「カレッカ」です。

ファンタジーな名前

ブラジル人では会社にも愛称を付ける場合があります。ブラジル企業は、通常2種類の名前を有しており、契約書などに記載する正式名称(Razão Social)と商品や広告に使うブランド名(Nome Fantasia)を有しています。両方とも同じ名前ということも多いです。

例えば、ブラジルで最も大きいスーパーマーケット・チェーン、ポン・デ・アスーカルの正式名称(Razão Social)は、ブラジル流通会社(Companhia Brasileira de Distribuição)という味気のない名前です。一方で、一般消費者には、ポン・デ・アスーカル・グループ(Grupo Pão de Açúcar)またはGPAというブランド名(Nome Fantasia)で知られています。ファンタジーな名前(Nome Fantasia)と聞くと、どうしても頭の中にミッキーが出てきてしまいます。

http://tabatashingo.com/top/nome-estranho/ 

ブラジルの法律で禁じられた名前
ブラジル人に良く聞かれる質問の一つに、「この日本人は男なのか女なのか?」というのがあります。マサコさんというのは、確実に女性の名前ですが、語尾が「O」となっているので、ブラジル人としては男だと思ってしまうわけです。ブラジル人が、間違えて「セニョール・...
ブラジル人の名前が長すぎて覚えられません
同僚の日系人でカチア・ミハラさんという方がいます。彼女のフルネームは、カチア・トモミ・ミハラ・レイチと言います。ミハラ・レイチというのが、苗字です。非日系人の旦那さんと結婚した時に、レイチという苗字がついたとのことです。ブラジルでは、結婚したら苗字を...
敬虔なクリスチャンなのに、名前のインパクトが強烈なブラジル人
ポルトガル語では「L」は「う」と発音することが多いです。 《例》 Salvar サウバー (救う) Abril アブリウ (四月) ある若者の話 ブラジルに来たばかりの頃、勤務先で知り合った28歳くらいの若者のはなしをしたいと思います。...