カイピリーニャの名前の由来は「森の守護神」-その歴史とバリエーション。

ブラジルの代表的なお酒、カシャッサ(cachaça)*とレモンで作られるカイピリーニャ。甘くてさっぱりとしたカイピリーニャは飲みやすくて、つい飲み過ぎてしまいます。ブラジルに来たことがある人なら、一度はカイピリーニャを飲み過ぎて、後でクラクラになった経験がある人もいるのではないでしょうか。
*カシャッサ(cachaça)はサトウキビを原料としたブラジルの代表的な蒸留酒です。

ブラジルのカクテルと言えば、カイピリーニャというくらいメジャーなお酒ですが
もともとは薬として飲まれていたという歴史があります。

薬として飲まれていたカイピリーニャ

1918年頃、サンパウロの内陸部でスペイン風邪を引いた患者に飲ませるシロップ
のレシピが作られました。そのレシピでは、レモン、ニンニク、はちみつ、そしてカシャッサを少々いれます。レシピにカサッシャが入っているのは、薬にアルコールを少し足すと薬効が早く表れると当時考えられていたためです。

いつからか、このレシピからニンニク、はちみつが除かれ、代わりにレモンの酸味を緩和するための砂糖が入れられるようになりました。そして、暑いブラジルでおいしく飲めるように氷をいれるようになりました。こうして、現在のカイピリーニャが誕生したと言われていま す。

カイピリーニャの名前の起源

カイピーラ(Caipira)という単語は現代ではサンパウロやミナスジェライスで内陸部に住む人のことを差す言葉として使われています。カイピーラという言葉は、もともとはインディオの言葉(トゥピ語)のカイポーラ (Caipora)、クルピーラ (Curupira)に由来しています。

カイポーラ(Caipora)はトゥピ語で「森の住人クルピーラ(Curupira)はブラジルの民間伝承されている守護神で、森の動物を狩人から守るつま先が後ろ向きについているインディオの小人です。
カイピリーニャの原型である風邪薬で病気が治るのをこの守護神クルピーラのお蔭であると考えたブラジル人が、いつしかクルピーラの名前を取ってこの薬をカイピリーニャと呼び始めたのが名前の起源ではないかと考えられています。

カイピリーニャの注文の仕方

ブラジルでカイピリーニャを飲むときは注意が必要です。普通に頼んだら、尋常じゃない量の糖が入ったカイピリーニャが出てくる可能性があります。日本人の味覚的には、「ポウカ・アスーカ(pouca açúcar)」=「砂糖少なめ」又は、「セン・アスーカ(sem açúcar)」=砂糖なし」で注文して自分で調整するのが無難です。

カイピリーニャ・インスパイヤ系ドリンク

良く「ブラジル人は創造的(クリエーティブ)である」と言われます。
(そのあとに、「ただし、革命的(イノベーティブ)ではない」という但書がつきますが…)

カイピリーニャに関しても同じで、ブラジル人はカイピリー ニャ・インスパイア系のドリンクをいろいろと世に送り出しています。

カイピロスカ (Caipiroska)

カイピヴォジカ(caipivodka)とも呼ばれるこのドリンクは、カシャッサの代わりにウォッカ(スミノフ)を利用したものです。ロスカというのは、ロシアから来ているそうです。

キリン スミノフカクテル カイピロスカ 200ml [バラ]
キリン
売り上げランキング: 482,697

カイピロン (Caipirão

ポルトガルの酒、ベイロン(beirão)を利用したドリンク

カイピリッシマ (Caipiríssima)

ラム酒(バカルディー)を入れたドリンク

バカルディ ゴールド 750ml×1本
バカルディジャパン
売り上げランキング: 7,485

カイピヴィーニョ(Caipivinho

ポルトガル語でワインのことを「ヴィーニョ(Vinho)」と言います。

サケリーニャ(Saquerinha)

日本酒を使った、ドリンク。カシャッサよりもアルコール度数が低くて飲みやすいそうです。

新潟銘酒 飲み比べ720mlx3本ギフト (越乃寒梅白、久保田千、八海山普通) 5001
朝日酒造 石本酒造 八海醸造
売り上げランキング: 1,597
ブラジル人に教わった本格的カイピリーニャの作り方
旅行で行ったモホ・ジ・サンパウロの宿のオーナー(ファビオ)からカイピリーニャの作り方を教えてもらいました。 カイピリーニャの作り方 まず、レモンを四等分にします。この時、内側の白いすじの部分を取り除きます。これを取り除かないと、にがみが出...