ブラジルの床屋で髪を切った日本人男性の衝撃写真を公開します。

ブラジルで初めて床屋に行った時、ヘアースタイルの注文の際に、言葉で説明するのは難しいので、自分の写真を見せました。たいしたヘアースタイルではないですが、全体的に7cmくらいの長さで、毛先がふぞろいなスタイルだった時の写真です。

スタイリストは、60歳くらいの赤ら顔をして口ヒゲのあるおやじさん。写真を一瞥すると、無言でうなずいて早速切り始めました。お世辞にもスタイリッシュとは言えないおやじさんの容貌に一抹の不安を感じましたがいまさら後に引くことはできないので、あとはなすがままに任せました。案の定、仕上がりは予想以上に悪く、結局家に帰って自分で整える羽目になりました…。

DSCN1374

日本人は、どちらかというと「すきばさみ」等を入れて自然なスタイルにすることを好みますが、ブラジル人は直線的なスタイルを好むようです。もみあげのカットには特にじっくり時間をかけて、美しい長方形に整えていきます。耳の横に味付けのりを小さくしたものが乗っかっているようです。えりあしは刈り上げて直線にします。
2015-08-27_2145

ブラジル人の髪の毛は、くせ毛だったり、色が薄かったりするので、それでもいいのですが、日本人の黒髪直毛でこのカットにすると不自然でカツラをしているように見えます。

ブラジルの床屋で何度も涙をのむことを数回経験し、ぼくはもはや髪を切るのをあきらめました。今はもう7ヶ月もの間、床屋に行っておりません。そのため、久しぶりにブラジル人の友人に会うと、「髪が伸びたね!」と言われます。

日本では長髪のことを「ロングヘア」と呼びますが、ところ変わって、ブラジルでは事情が変わります。

英語をポルトガル語に直訳すると「カベーロ・ロンゴ」になるはずです。(カベーロ=髪の毛/ロンゴ =長い)しかし、実際には長髪のことは「カベーロ・グランデ」と呼ぶようです。(スターバックスでも大きいサイズは「グランデ」といいますよね!)

馬鹿の一つ覚えで、「グランデ」=「大きい」と記憶していたので、「カベーロ・グランデ」=「長い髪」と言われてもしっくりきません。そのため、カベーロ・グランデと呼ばれるたびにアフロ・ヘアーの人が頭に浮かんでしまいます。