近代的ビルのない首都ベルンの旧市街

ベルンの街は、今まで訪れたことのある海外の首都の中で一番良かったです。その理由は、首都なのに首都らしくない街並みにあります。ヨーロッパの他の首都でも中世建築が残っていますが、その横に近代建築が建っていて、中世と現代が共存しているのが普通です。例えば、ディズニーランドのシンデレラ城の隣に六本木ヒルズが建ってたら興ざめするという気分と似ているかと思います。ベルンの旧市街は町全体が世界遺産に登録されており、中世の街並みが全体的に残っているのがいいんです。

時計塔
DSCN7224

時計塔の先は、レストランや土産物屋が並んでいます。
DSCN7227

ベルンの街のシンボルであるクマ
DSCN7228

華やかな装いのこちらの施設は日本食レストラン
DSCN7230

ランチはソーセージとポテト・フライにしました。
DSCN7211

古い住宅は趣があります。
DSCN7234

ニーデック橋からの旧市街の眺め
DSCN7265

橋の向こうに見えるのはクマ公園。無料で入れますが、秋だったのでクマは外にいませんでした。
DSCN7235

クマ公園で売っていたポストカード。デザインが素敵です。
DSCN7250

クマ公園には地ビール工場が併設しています。
DSCN7246

地ビールを楽しむ人々。スイスの人々は喫煙者が多いからか寒くてもテラス席を好む人が多いです。
DSCN7249

クマ公園から坂道を10分ほど登っていくと、見晴らしの良いバラ公園に行けます。
DSCN7252

バラ公園からの眺め。この日は曇りだったので良い写真が取れなかったですが、肉眼で見るととても美しいです。ここが首都であることを疑ってしまう街並みです。
DSCN7256

バラ公園は地元の家族連れでにぎわっていました。
DSCN7261

バラ公園内にはオシャレなカフェも併設されています。
DSCN7264

これは、大聖堂の近くにあるエレベーター。丘の下に降りられます。
DSCN7280

丘の下にあるのは、雀のひたいほどの大きさの畑。ベルン住民の市民農園だそうです。
DSCN7272

キルヒェンフェルト橋を走るトラムが素敵です。
DSCN7282

以上、ぼくの見たベルンの街並みでした。本当はもっと沢山見どころがあるんですが、チューリッヒに到着した日に風邪を引いてしまったので、観光施設にはほとんどいけませんでした。それでも、街中を歩いているだけで十分満足できるほどでした。