ブラジル人の好きな単語は何?

ブラジルでも会社の同僚が集まって忘年会をする習慣があります。忘年会では、秘密の友達(Amigo Secreto)を割り当ててプレゼント交換をするみたいです。

ブラジル人のプレゼント交換作法「アミーゴ・セクレット」
ブラジルにおける忘年会 忘年会というのは、日本人独特の習慣かと思いきや、ブラジル人も忘年会を好んでやるようです。 忘年会は、ブラジルでは、CONFRATERNIZACAO(コンフラテルニザソン)と言う舌を噛みそうな長い名称で呼ばれています。語...

忘年会の幹事になった若い女性職員マリア(仮名)は、従業員の名簿を紙に印刷して、出欠確認をしていました。彼女が渡してきた名簿には、従業員の名前の隣に「Ass」と記載されていました。

既に何人かの署名が記載されていたので、おそらく「Assinatura(アシナトゥーラ=署名)」の略であろうとは思ったのですが、念のため「むっ!何だ。このアスッっていうのは?」と彼女に確認してみました。それを聞いたマリアは、非常に嬉しそうな顔をして笑いをこらえながら言いました。「この出欠票は、あたしじゃなくてセルジオ(仮名)が作ったの。ちょっと、セルジオ!ダメじゃない、Assなんて書いたら。ちゃんと、ピリオドを打たなきゃだめよ!」と言いました。

注)ブラジルでは単語を短縮する時に単語の最後にピリオドを打ちます。例えば、Assinaturaであれば、「Ass.」と記載します。

英語が話せないセルジオは、自分の犯したミスについて気が付いていないようで、マリアが説明すると、「sério(セーリオ?=マジ?)」と驚いていました。近くにいた女性も知らなかったようで、横で聞いて喜んでいました。ピリオドがあるかないかで、意味が大きくことなってしまいました。

関連する話

これに似た話として、日本語の「九時半」もブラジル人受けが良いです。

ブラジル人に教えてあげると抱腹絶倒してしまう危険な日本語①
日本語の発音には、ブラジル人からすると面白い発音が沢山あるようです。 今日はそのうちの2つをご紹介しましょう。 その1.化学 日本に行ったことのあるブラジル人が言いました。 「日本語ってホントに変な単語が多いよね。”きみか”なんて最高。」...

ブラジルで「めし食う?」と言ってはいけない理由。

ブラジルでは「めし食う?」とは絶対に言わないでください
ブラジルに来たら、うかつに口にするとまずい単語がいくつかあります。 「めし食う?」 会社で同僚と一緒に昼めしを食べる時、「そろそろ、めし食う?」といったやりとりがなされることがあるかと思います。ブラジルで同じようなフレーズを言うと周りのブラジ...

ブラジル人は「クー」ネタが大好き

ブラジル人と仲良くなりたければ、この記事を読んでください。
ブラジルに住んで分かったことは、ブラジル人は「おしり」とか「しりの穴」に関する話題がわりに好きだということです。この話題を押さえておけば、ブラジル人とのコミュニケーションで役に立つことは間違いないです。 ポルトガル語で「Cu(クー)」というと、...