ブラジル免許取得のための学科試験が面白い

ブラジル免許取得のための学科試験が面白い

先日、ブラジルの免許更新のため学科試験を受けたのですが、問いに対する回答を読むと思わず笑ってしまうような変なものがいくつもあったのでご紹介します。日本語に翻訳してしまうと、本来の面白みが若干損なわれてしまう気がするので、わかる方はポルトガル語でお読み...

ブラジル運転免許の更新方法

ブラジル運転免許の更新方法

ブラジルの運転免許は有効期限が5年間です。今般、有効期限が近づいてきたので、免許の更新をしました。 筆者がブラジルで取得した免許。写真はすり替えております。 外国人がブラジルの運転免許を作成する場合、州都の交通局(DETRAN)に出向...

TransferWiseでレアルを日本に送金してみた感想

TransferWiseでレアルを日本に送金してみた感想

将来的に日本に帰国する時に、ブラジルで貯めたレアル預金はブラジル銀行から日本のブラジル銀行(五反田支店)に送金することを想定していました。先日、日経新聞の記事で手数料が安いと評判の海外送金のサービス「トランスファーワイズ」を紹介していたので、これを利...

5分で分かるポルトガル王国誕生の歴史(後編)

5分で分かるポルトガル王国誕生の歴史(後編)

前編では、711年に北アフリカから攻めてきたイスラム勢力が、西ゴート王国を滅ぼし、イスラム王朝の「後(こう)ウマイヤ朝」を開いたところまで書きました。後編では、土地を追われた西ゴート族が国土回復運動を展開し、その過程で初代ポルトガル王が誕生する経緯を...

5分で分かるポルトガル王国誕生の歴史(前編)

5分で分かるポルトガル王国誕生の歴史(前編)

ポルトガル王国が産声を上げたのは割と最近(?)の1143年のことです。日本でいうと平安時代末期の頃で、平清盛、源義朝はこの時20代でした。 この記事では、無謀にもポルトガル王国誕生までの歴史を5分で理解できるように簡潔にまとめることを試みてみました...

レシフェに100回行った人による観光ガイド

レシフェに100回行った人による観光ガイド

ペルナンブーコ州の州都であるレシフェは、国民総所得でいうと東北伯ではサルバドール、フォルタレーザに次いで3番目に大きな都市です。筆者は、このレシフェから飛行機で一時間ほど内陸に行った場所に住んでおります。 どこへ行くにしても必ずレシフェを経由す...

初めて空を飛んだブラジルの英雄、サントス・ドゥモン

初めて空を飛んだブラジルの英雄、サントス・ドゥモン

「世界で初めて飛行機で空を飛んだ人は誰?」という質問を日本でしたら、「ライト兄弟」という回答が返ってくるでしょう。興味深いことに、同じ質問をブラジルすると、「ライト兄弟」ではなく「サントス・ドゥモン」というブラジル人の名前があがります。 ...

レシフェの観光スポットになった刑務所

レシフェの観光スポットになった刑務所

レシフェのダウンタウンには1855年に建設された刑務所があります。日本の重大事件で言うと、時期的にはペリーが浦賀に来航し、安政の大地震が発生した頃の話です。この刑務所は118年に渡って利用されましたが、刑務所としての役割を終えた後はペルナンブーコ州の...

カヌードス戦争の古戦場と記念博物館の訪問記

カヌードス戦争の古戦場と記念博物館の訪問記

このサイトで何度か「カヌードス戦争」について書いていますが、戦争が行われた場所(バイーア州北部)に実際に行ってみたので、その訪問記をご紹介します。 アントニオ・コンセリェイロ記念館 アントニオ・コンセリェイロが拓いた千年王国カヌードスは、カヌード...